ファイナンシャルプランナーの楽天日記へようこそ

現役のファイナンシャルプランナーがお送りする当サイトへようこそ。
ご質問等御座いましたらブログやメールにてにてお答えさせて頂きます。

個人的な専門範囲:個人資産運用、生命保険相談、公的医療・公的年金等、株式譲渡益関連
対応可能な範囲:住宅ローン、家計診断、投資の始め方、雇用保険等

基本的に月に数回の更新となりますが、
人に役立つような記事を書くように心がけております。
たまに来て頂けると嬉しいです(^^


【過去1か月で閲覧数の多い記事トップ5】※2014年5月16日更新
1位 会社員の妻が130万円以上働くのは本当に損なのか?
2位 FP3級 独学の場合の勉強方法 勉強時間の使い方
3位 全国主要都市別 世帯年収1,000万円以上が占める割合
4位 日本年金機構「ねんきんネット」登録が即完了するようにアクセスキーを付与
5位 中古物件の不動産売買には消費税がかからない?

【スポンサードリンク】

JRA54年目の赤字 日本中央競馬会の決算書を確認する


いつの間にか、日本中央競馬会の決算も赤字になっていたようです。

「JRA、54年ぶりに赤字 震災復旧費用など響く 」(日経新聞)
URL:http://s.nikkei.com/GKgPTM

記事によると被災地への義捐金約50億円を含む震災関連費が
106億円計上された事が主な主因のようです。


上記以外にも、最近は売り上げ減の対策として特定のレースに対して
払戻金を上乗せするサービスを行うなど、勝ち馬投票券の売り上げに対する
利益率の低下は決算書から見て取れます。


【損益計算書(一般勘定)より】
JRAの決算


何しろ投票券による売り上げが2兆円を超えていますから、
払戻率が0.1%異なるだけで20億円以上の損益が変動します。

仮に平成19年度の払戻率74.4%のまま平成23年度も事業を行っていたと仮定すれば
約90億円の利益増となりますから、赤字は免れていたかもしれません。


斜陽産業とは言え、未だに2.3兆円の売り上げです。
2012年3月期ベースで言えば、シャープやJR東日本に匹敵する売上高です。
最大4兆円を売り上げていた時期に比べれば4割以上減少していますが、
多くの地方競馬場が廃止の方向に向かう中、未だにこれだけの規模を誇るのも凄い話ですね。

(ちなみにパチンコ産業の売上高は19兆円で、ピーク時の30兆円に比べて4割減少しています。)



【参考】
週刊ダイヤモンド 2012年6/2号:特集2「競馬ブームの終焉 JRA危機の構造」(amazon)

・「経営に関する情報・財務関係・決算報告等に関する広告」(日本中央競馬会)
URL:http://www.jra.go.jp/company/keiei/index.html

【スポンサードリンク】

10万アクセス御礼。誠に有難う御座います。

気づいたらアクセスカウンターが10万を超えていました。
1PV(※1)ではなく1UU(※2)でカウントされますので、
純粋に10万人以上の方にご覧頂いた事になります。
これもひとえに皆様のご支援、ご助力あってのもので御座います。
この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

さて、ここで若干の身の上話をさせて頂きます。

実はこのブログが私の生涯で初めて作ったブログになります。
切っ掛けは、新しいものに対する実験と好奇心でしたが、
今ではFPとして何かしら社会貢献できないかと言う思いも含め、
ここまで更新し、現在に至ります。

元々好奇心は強い方であり、
ネットで自分の意見を発信すると言う行為は
私の知識欲には打ってつけの物でした。

ブログの制作自体はこれが初めてでしたが、
高校の時からパソコンは慣れ親しんでおり、
当時はインターネットではなくパソコン通信と呼ばれるものが
全盛の時代で、映像等を用いない純粋に言葉だけの世界での
意見のやり取りは本当に刺激があった事を覚えています。


だからと言って文字だけで全てをお伝えするのには限界があります。
ブログなら、掲示板等には無い画像を駆使した情報伝達が可能です。

これからもなるべく図表等を用いる事で、
皆さまにわかりやすいように世の中のちょっと分かりづらい部分を
お伝えする事が出来たら良いなと思っています。

それでは末筆ながら今後とも宜しくお願い致します。


当サイト管理人 楽天家業



※1 PV・・・(ページビュー。更新ボタンを押したりサイト内のページを移動したりすると増える)
※2 UU・・・(ユニークユーザー。1日に訪れた人1人につき1回カウント)

【スポンサードリンク】

はやぶさお帰りなさい!イトカワから帰還し大気圏突入へ

日本の技術を駆使して数々の難関を乗り越えたはやぶさが本日22時50分台に大気圏へ突入します。

既にイトカワの資源が入っていると想定されるカプセルは分離シーケンスを成功させています。

いよいよ後30分!当初予定では役目を終えたはやぶさは宇宙の彼方に再出発する予定でしたが、

帰還が遅れてそれも叶わず、大気圏で燃え尽き、その役目を終えようとしています。


なんだかしんみりしてしまいますが、その最後の輝きは目に焼き付けておこうと思います。

現在はツイッターやブログ、USTREAM等様々な技術でオンラインで情報が得られる時代です。

興味がある人は是非!


和歌山大学現地からの中継→http://www.ustream.tv/channel/hayabusa-back-to-the-earth

はやぶさ帰還ブログ→http://twilog.org/Hayabusa_JAXA

はやぶさツイッター→http://twitter.com/Hayabusa_JAXA

JAXAはやぶさ中継ミラー→http://www.ustream.tv/channel/%E3%81%A6%E3%81%A6%E3%81%A6%E3%81%99%E3%81%A81


和歌山大本放送録画映像→http://www.ustream.tv/recorded/7634995


読売新聞はやぶさの素晴らしい写真→http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20100613-OYT9I00808.htm

上記写真の記事→http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100613-OYT1T00818.htm?from=top


はやぶさ大気圏突入前に写真が撮影できたと!!
(撮影時間日本時間2010年6月13日22時2分。大気圏突入50分前)
http://twitpic.com/1wh78q


毎日新聞はやぶさ画像→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100613-00000029-maip-soci.view-000
上記画像記事→http://mainichi.jp/select/today/news/20100614k0000m040109000c.html


【スポンサードリンク】

ギリシャ問題長期化は大人の都合 ドイツとフランスのとある関係性

先週はNYダウ1000ドル下げがあったにもかかわらず、

各国の相場の戻りは、


ドイツDAX30>NYダウ>英FTSE=フランスCAC40=日経平均=香港ハンセン


という並びでした。


ギリシャ問題の最大のキーマンがドイツなのになぜ最大に戻ったのか?

これは単純に、ドイツにとってはギリシャ債権の値下がりよりも、

ユーロ安による輸出企業への恩恵が大きいからです。


2006年のデータによると、

ドイツの輸出額は1,125,877百万ドルです。
輸入額は919,154百万ドルですから貿易収支は206,723百万ドルとなります。

当時のドルは115円前後でしたから、円換算すると約24兆円もの貿易黒字があったわけです。
(※EU域内貿易含む。2007年データで、EU域外貿易収支は約11兆円の黒字)


確かにPIIGS全ての債務がデフォルトに陥れば、

各国の債務保有残高が100兆円近いドイツにとっては大打撃です。

ですが、新たにユーロ紙幣を刷ってでも破綻を回避させれば、ドイツにとっては

ユーロ安による貿易黒字増加と、債権問題の解消と言う二兎を追える状況にあるわけです。


因みに、同時期のデータによるとフランスは約6兆円の貿易赤字、

イギリス(ユーロ加盟ではありませんが、同じく政権交代懸念で不安定のため)は約14兆円の赤字です。


ですから、ドイツVSギリシャの構図と言うよりは、

ドイツVSフランスという構図になってしまうのは仕方のない事です。


この為、仮にこの問題が長期化すると仮定した場合のロングショート戦略は、

ドイツ株ロング、ユーロショート、フランス&イギリス株ショート

(※イギリスもPIIGS債権保有大国というのも理由)


という感じになるかと思います。

この辺りはCFDを利用するのが一番手っ取り早いですね。



【スポンサードリンク】

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR