スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサードリンク】

未払い給与に対して利息が請求できるか?

「今月は経営が苦しいから少し給与の支払いを待ってくれ」

そう社長に言われたら、流石にもうこの会社も危ないかな?と思いつつ、
最終的には支払われない覚悟をするかもしれません。
こういった経営状態で更に利息の請求と言うのも酷な話です。


しかし、たまたま多額の売掛金回収が遅延していて資金繰りが苦しく、
あくまでも一時的なタイミングでの未払いであったり、
経理がずさんで単純に支払が遅延しているだけだったりしたらどうでしょう?

貴方が本来受け取るはずだった給与と言う経済的利益が受け取れずにいるわけですから、
実質的には事業者に自らの給与を貸し出しているような状態とも言えるわけです。


ですから、その未払い給与に対して利息のようなものが請求できないものか考えた所、
ツイッターでフォロワーさんから遅延損害金と言う形で請求が可能との事でしたので、
各種根拠法や判例等を調べてみました。



請求できる遅延損害金の利率は、通常の未払い給与が6%
退職した者に関しては14.6%と決められているようです。


【参考1】「新井工務店事件(1976年7月9日)商法503条、514条」
URL:http://www.zenkiren.com/jinji/hannrei/shoshi/01154.html

【参考2】「商法」(商事法定利率)
 第五百十四条 商行為によって生じた債務に関しては、法定利率は、年六分とする。
URL:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M32/M32HO048.html

【参考3】「賃金の支払の確保等に関する法律」(退職労働者の賃金に係る遅延利息)
 第六条  事業主は(中略)年十四・六パーセントを超えない範囲内で(中略)遅延利息として支払
URL:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S51/S51HO034.html


また、未払いの状況が労働基準法の各種定義に抵触するほどの状況であった場合、
裁判所を通じて付加金の支払が命じられる場合もあるようです。

ちなみに付加金は未払い給与と同額と決められています。


【労働基準法】(付加金の支払)
 第百十四条  裁判所は、第二十条、第二十六条若しくは第三十七条の規定に違反した使用者又は第三十九条第七項の規定による賃金を支払わなかつた使用者に対して、労働者の請求により、これらの規定により使用者が支払わなければならない金額についての未払金のほか、これと同一額の付加金の支払を命ずることができる
 ただし、この請求は、違反のあつた時から二年以内にしなければならない。



さて、これら遅延損害金や付加金について税法上ではどのような取り扱いになっているのでしょうか?

感覚的には"損害賠償金"は非課税と認識してしまいそうですが、
あくまでも未払い給与という本来受け取るべき経済的利益に対して付される範囲の金銭と認定され、
通常は遅延損害金が雑所得付加金が一時所得として課税対象となるようです。


【参考】「平22.4.22、裁決事例集No.79(国税不服審判所)」
URL:http://www.kfs.go.jp/service/JP/79/11/index.html

【参考】「法第34条《一時所得》労基法第114条の規定により支払を受ける付加金(国税庁)」
URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/04/08.htm


あまり個人で訴訟まで発展させるケースは少ないかもしれませんが、
知って置いてほしい知識として記事にさせて頂きました。


スポンサーサイト

【スポンサードリンク】

ニュースで話題になった記事の元データを検索するには

ニュースなどで記事になった情報は記者を通した二次情報となっている為、
士業やファイナンシャルプランナーは元データ(一次情報)を読み込む作業を行います。

しかし、記事からはどの一次情報が引用元データとなっているのか
すぐには判断付かない場合があります。


例えば今日のNHKニュースウェブで取り上げられた以下のニュースです。

「日本の対外純資産 2年ぶりに増加」
URL:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120522/k10015284221000.html


記事内では"財務省によりますと"としか書かれておらず、資料の副題表記がありません。

当日の最新ニュースであれば関係省庁の新着情報に記載があるので
直接サイトを見ればすぐにわかるのですが、色々と面倒なので
最近は以下の簡易サイトを作って使用しています。


「省庁内等公開資料サイト内検索」
URL:http://hpguid.com/g-navi/


例えば上記ニュースの場合は財務省の検索窓に、

対外純資産」「253兆100億円」という明らかに固有のキーワードを入れてあげれば
検索結果に該当ページや資料が表示される、という流れになります。


検索にはgoogle.comを通して各関係省庁のサイト内を限定としていますから、
最新すぎる場合はグーグルのボットが情報をクロールしきれていない
(情報を拾い切れていない)可能性もあるのでその点は注意です。

また、検索結果の正確性を保証するものではありません。

検索先に関しては状況により追加、修正する事がありますのでご承知置き下さい。

【スポンサードリンク】

子供の金融リテラシー教育 お小遣いの相場と金銭感覚

まず初めに申し上げますと、
子供の頃に多額の金銭を小遣いとして渡してしまえば、


・お金と言うものは簡単に手に入るものだ
・銀行という所に行けばお金は出てくるんだ
・皆何故買いたいものを買わないんだろうか
・使いたい時に使えばいいじゃないか。どうせ親が出してくれる


という具合に、お金の価値を全く学習せずに大人になるため、
その金銭感覚のズレから浪費家となり、将来的には借入金等のトラブルや、
何か困った時は親に頼るだらしのない子供になります。

絶対にそのような道に進ませてはなりません。
これは子供の責任ではなく、親の責任なのです。


では、子供に正しい金銭感覚を付けるにはどうするか。
これは結構な難題で、お子さんがいる方は一度は悩んだことのある問題だと思います。



そこで、まずは子供のお小遣いの相場を全国平均で確認し、
金銭感覚の付けさせ方、金融リテラシー教育について
自分の実体験を踏まえて触れてみましょう。



下記の表が政府統計から読み取れる子供のお小遣いの相場です。





1990年から2009年まで19年のうちに、
小学生はほぼ一貫して減り続け、現在は10~20%減、
中学・高校生は増減を繰り返しています。


一応目安を付けると、


・小学校1000円前後
・中学校2500~3000円
・高校生6000円前後


となります。

小学校や中学校では学年ごとに傾斜配分、
高校生は学年での変更なく一律配分が多いのではと思われます。



以上のように、ある程度の目安の確認はできました。


では、実際にどのような金銭感覚の身につけさせ方があるのか。


それには、

支給方法で制限を加える
使用方法で制限を加える

の2点が有効になってきます。



支給方法で制限を加える

通常子供にお小遣いを与える場合以下のような方式が考えられます。


(1)ペナルティなく一律支給
(2)親の手伝いをしたら、その分だけ定額支給
(3)テストで目標点を取るか、学校行事で何かしらの功績を残した場合、加算支給
(4)使った分だけ後請求で現物支給
(5)言われるまま買い与える


上記例の中で最もやってはいけないのが(5)です。
これは、小遣いの上限を全く付けていない事になり、
欲しいものは何時でも何処でも手に入ると勘違いしてしまう、
我儘で金にだらしのない人間になります。

(4)は一見(5)と似ているのですが、
あくまで現物支給であるため、親に請求するという行為が間に入ります。
つまり、その請求が親に認められるかは分からない為、
コントロールが利く消費行動の範囲に収める事が出来ます。

ただし、言われるままに全ての請求を払ってしまっては
(5)と状況は変わりませんので、その点は注意が必要です。


逆に(2)は子供に金銭感覚を身につけさせようと思っている親が
選択する事が多い方法です。

この場合、炊事洗濯と買い物等で一律支給か項目ごとに価格設定をして
月間の達成度に応じて支給する事になります。

これは労働の対価として得られる報酬なわけですから、
何もしないで定額支給の(1)に比べれば遥かに合理的です。

ですが月間の上限数を設定しなければ他の同級生よりも
多額の金銭を受け取る事になりかねませんので、
この点は注意が必要です。


回避策としては、ある程度の支給上限額を決め、
残りは親管理の貯金箱に貯蓄するか、
子供専用の銀行口座を開設し、
そこに毎月預け入れる形にしましょう。

預け入れは親がやらずに子供にやらせるのも
一つの金融リテラシーと言えます。
ですが、初めの頃は大型スーパー内に
併設されたATM等で親の付き添いの元で実行しましょう。
他のトラブルに巻き込まれる可能性を防ぐためです。


(3)に関しては(2)と同時に行えば効果が上がります。
(1)を選択している場合は(2)を付属的に実行するのも手です。
本人の成績による成果主義は勉強やスポーツ、芸術へのやる気と楽しさを
育てる切っ掛けになります。勿論、やりすぎては意味がありませんので
常識の範囲内で価格を設定しましょう。この辺りは親の金銭感覚の
勉強でもありますので十分に夫婦間で検討する時間をとって下さい。

私の場合は小学校の時、テストで100点を取れば100円を貰えたので
必死にやった事を今更ながら覚えてます。



以上が、「支給制限による金銭感覚の付け方」です。




使用方法で制限を加える


私が子供の頃体験した中で、親に最も感謝しているのが、
この、「お金の使用方法の制限」による金融リテラシー教育です


具体的に何をしていたのか。

答えはとっても単純です。



「何かを買いたいなら、その使った分だけ貯金しろ」



です。



・・・



子供の頃はこの方式が嫌でたまりませんでした。
ゲームソフト1本購入するのに、2本分のお金が必要なのです。

つまり、5000円のソフトを買うのに1万円が必要になります


私が小学生の頃はバブル全盛の時代で、
ゲームソフトが普通に1万円する時代でした。
そんな値段のもの、小学生が自分の小遣いで買えるはずがありません。


ですから、新品で購入する事は避け、
必ず中古になってから買うようにしていました。

また、購入後中古屋で買い取ってもらう事も前提に置き、
資産価値が落ちるようなゲームソフトは極力避け、
どうしてもやりたい場合は友人から借りていました。


加えて、購入後ソフトがつまらないから投げ出すものなら、
親に怒られ、返品して来いと言われる始末。


金銭感覚どころか、お金の大切さ、物を買う時の事前調査や価値判断、
中古価格の相場変動予測から、物を取引するという商行為に至るまで
様々な事を学びました。

ゲームソフト1本からこれだけの事を学ぶのはそうそう無い体験だなと
今でも思っています。



因みに、中古で買わなくてもお年玉でなんとかすれば良いのでは?
と思われた方もいるかもしれません。

私の場合、お年玉でソフトを1本購入すれば
残りの全額を強制的に、


10年物の定額貯金余程の事が無い限り中途解約出来ない


に預入させられたので、手元には一切残らなかったりします(^^;
(高校生までやらされていたので、この間ようやく最後の預け入れが戻ってきました。)


ですが、これらのお陰で正しい金銭感覚、
浪費をしない生活、商品の価値判断と将来予測等
資産運用や私生活で必要な金融リテラシーの下地は
有り難く作らせて頂いたと思っています。




以上のように、子供に金銭感覚を付けさせるには、
ある程度の強制力と制限、そして成果による報酬を
親がしっかりとコントロールする事が必要だと考えています。


後半の制限は忍びない(苦笑)と思った方は、
成果報酬と、上限を超えた場合の銀行への預入だけでも
実践されると子供の社会勉強にもなりますのでオススメです。



テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

【スポンサードリンク】

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。