スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサードリンク】

社会保険料控除のお得な受け方(1) 被扶養者の国民年金保険料納付義務者

国民年金は第一号被保険者(20歳以上60歳未満の自営業、農業者、学生等)が
対象となっています。
現在国民年金保険料は月額14,410円と法令で定められています。(毎年増加改定中)
この保険料、学生等の被扶養者が20歳を超えて加入対象となった場合、
基本的には本人ではなく世帯主(扶養義務者)に支払の義務が発生します。
そうです、納付義務者は世帯主なのです。

学生が世帯主の扶養控除範囲内でアルバイトをした場合、
基礎控除38万、給与所得控除65万の合わせて103万円までとなります。
しかしそうなると、社会保険料控除(平成20年度であれば172,920円)分の控除は
学生本人では受けられません。
(合計所得金額は38万円で、課税総所得金額等は基礎控除の38万があるので0の為)

そこで、学生本人の国民年金保険料分を学生納付特例等で働き始めてから追納する手続きを
する方が多いと思います。(これであれば10年間猶予される)

しかし、学生納付特例には2つの意味で罠が存在しています。
一つは追納に隠された罠(これは明日書きます)、そして保険料の控除金額に関する罠です。

少し例を交えて考えて見ましょう。
学生が新卒で就職し、受けられる給料は20万程度でしょう。(月収)
4月から働いて12月までに年間で240万+ボーナスを入れて大体270万という所でしょうか。
社会保険料は年収の約10%として27万、給与所得控除は99万です。
給与所得控除、社会保険料控除、基礎控除を引いて課税総所得は106万。
106万に対してかかる税金は所得税は5%、住民税は10%ですから、
15.9万となります。

では国民年金を全額追納した場合還付される金額はというと、

年172,920×2=345,840

所得106万 >345,840 全額控除対象

345,840×15%=51,876円

となります。
還付される金額は51,876円となり、
実際支払った追納分の社会保険料は293,964円、
1ヶ月で12,249円となります。

これで万々歳と思ったら大間違いなんです(^^;


本来国民年金保険料は、「世帯主」にも納付義務があります。
つまり、「世帯主」が支払えば「世帯主」が社会保険料控除を受ける事ができるのです。
それぞれの所得ごとの還付金は以下の通りです。

世帯主が所得税10%(所得が195万超~330万以下の場合) 
還付金69,168円 差額17,292円お得!

世帯主が所得税20%(所得が330万超~695万以下の場合) 
還付金103,752円 差額51,876円お得!



世帯主が所得税40%(所得が1800万超の場合) 
還付金172,920円 差額121,044円お得!

※ただし、国民年金保険料分の社会保険料控除を受けた後、
 課税総所得金額が変動する為、税率が変わる点は注意。 


このようになります。
これは学生に限ったわけではなく、
フリター等低収入で働く、生計を一にする自分の息子や娘さんの分もこの方法で
世帯主の社会保険料控除に算入出来ますので、
各種所得控除後の所得が195万を超えるのであれば是非試してみて下さい。

もちろん、親が払った分はちゃんと子供から徴収しましょう。(^^
年間110万円までは贈与税は非課税扱いですのでその点でも税法的に問題無しです。

明日は学生納付特例制度の追納の罠についてです。

【ブログ内関連記事】↓

社会保険料控除のお得な受け方(2) 学生納付特例制度の罠・追納について
社会保険料控除のお得な受け方(3)追納時の分納方法による節税効果検証
スポンサーサイト

テーマ : 生活に役立つ情報
ジャンル : ライフ

【スポンサードリンク】

沖縄軍用地売買を取り扱っている銀行・不動産会社やブログまとめ

昨日クローズアップ現代の報道を受けて、個人的な意見を書き込みました。
読み直しましたが、双方の立場に立った中立性は保たれているものの、
若干主観的感情に則った意見かなと言う印象を、読まれたか方は感じたかと思われます。

では、本ブログ趣旨に沿う形をとり、
ファイナンシャルプランナーとして軍用地ビジネスは資産運用としてどう見るか?という視点で、
本日から不定期で考察を述べて行きたいと思います。

まずはこのエントリーで不定期に、
沖縄軍用地売買ビジネスに関するブログや不動産会社をまとめていこうかと思います。

ブログ内関連記事→沖縄の米軍基地問題と軍用地の利権ビジネス・私的売買について考える



<<更新日時>>

4月 7日 沖縄タイムス軍用地賃貸契約を拒否 追加
3月12日 徳松税理士事務所 軍用地について、有限会社トーマ開発 追加
3月5日 沖縄市総務部秘書広報課 固定資産税について 追加
3月3日 軍用地取扱不動産 大鏡プロデュース 、有限会社ビッグ開発 追加

【軍用地ビジネスに触れているブログ】(クリックで飛びます)

外人住宅投資 + 軍用地投資 = 最強沖縄不動産投資
→http://blogs.yahoo.co.jp/yakkan2001


早い時期から始めよう!将来のために  軍用地投資
→http://blog.kainanco.jp/


AKAZUKINの投資日記
→http://akazukin.cocolog-nifty.com/nikki/2008/11/post-3.html


Letter from Yochomachi (Blogger)
→http://www.yochomachi.com/2009/02/blog-post_8875.html



【軍用地ビジネスを取り扱っている銀行・不動産会社】

開南コーポレーション(クローズアップ現代出演者)
→http://kainanco.jp/



大鏡プロデュース
→http://www.daikyo-p.jp/



有限会社ビッグ開発
→http://www.big-okinawa.com/bukenkensaku/gun/index.html



ピタットハウス那覇店 軍用地購入のメリット(詳細に載ってます)
→http://www.pitatnet.com/asahi/done/military01/mil-katuyou.html




有限会社トーマ開発 沖縄県の不動産軍用地とは?
→http://www.toma-k.com/gun/index.html




【軍用地ビジネスに関して触れている記事】

J-CASTテレビウォッチ 私見「クローズアップ現代」
→http://www.j-ast.com/tv/2009/02/26036684.html




【その他参考資料】

駐留軍用地特措法(ウィキペディア)
→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A7%90%E7%95%99%E8%BB%8D%E7%94%A8%E5%9C%B0%E7%89%B9%E5%88%A5%E6%8E%AA%E7%BD%AE%E6%B3%95



軍用地の固定資産税について 沖縄市総務部秘書広報課
→http://www.city.okinawa.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=45&id=2827&page=16


徳松税理士事務所 軍用地について
→http://www.tokumatu.com/column/column9.html



徳松税理士事務所 軍用地絡みのお話
→http://www.tokumatu.com/arekore/arekore4.html



沖縄タイムス 軍用地賃貸契約を拒否
→http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-03-23-S_005.html


テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

【スポンサードリンク】

旧特定郵便局は消印が押せない不思議

今日は郵送しなければならない郵送物があった為、最終集荷時間前に近くのポストへ向かいました。
しかし厚みの関係でポスト投函を諦め、時間的にはまだ営業時間内ギリギリだった間に合う状況だったので、
郵政民営化以前には特定郵便局と呼ばれていた郵便局へ足を運びました。
今日発送の消印が欲しかったので、ポストに投函できなかった旨伝えた所、


「ポストに投函出来ない郵便物は翌日付になってしまいますし、消印は此方では押せません」

「・・・」


一瞬意味が解りませんでした。
何を言われたのか理解が出来ませんでした。
なんと、有人の郵便局にもかかわらず、消印が押せないと言うのです。
ああ、こんな所でも役所っぷりが残っとるなぁと半ば呆れてしまいました。
郵便局を利用する度に、役所臭がして仕方ないんですが、
これは今まで体験した中で、極みの出来事だと思います。

仕方なく、近場の集配普通局に赴き消印は押してもらいましたが、
集配局の局員に上記の事を聞いた所、

「普通郵便物に関しては旧特定郵便局に消印を押す権限はない」

との事でした。
地域差はあると思います。
地方の郵便局でこんな事してたら利用者は堪ったものではないでしょう。
こんな所でも、都会内の旧特定郵便局の必要性に疑問を持った今日この頃でした。
お陰で無駄な時間を30分使用しました。返してくれコンチクショウ。(失礼(^^;)

テーマ : 生活に役立つ情報
ジャンル : ライフ

【スポンサードリンク】

沖縄の米軍基地問題と軍用地の利権ビジネス・私的売買について考える

先程NHKクローズアップ現代で、沖縄の軍用地が盛んに売買されているという番組を視聴しました。
恥ずかしながら、軍用地自体は米軍が強制使用している事実は知っていたのですが、
軍用地自体の地主権は生きており、
その使用に対して国が税金を投入して地代を支払っている事は知りませんでした。
沖縄本土決戦、軍用地としての強制徴収の代償として、
日米安保の契約上地代を国が支払っているという点については解るのですが、
なぜかその私有地を県外の人が購入できるという状況に規制が入っていないという実態が
存在している事実に、遺憾ながら将来の騒動が目に見えているようで複雑な心境でした。

確かに投資先としては魅力でしょう。
返還の期限が未定の基地ならば何もしないでも年利4%以上もの地代が懐に入ります。
リスクといえば、基地の返還が急遽決まるか国が売買の規制に乗り上げた時でしょう。
基地の返還が決まれば地代は消えますし、返還後の土地は荒れ果てた利用のしにくい凸凹地形の
不毛の大地となっており、集落として復活させるには多額の費用と時間が掛かるとの事。
そんな土地ですから、現在取引されている元の生産性から考えると高めに見積もられた
市場価格の何分の一にも落ちてしまい、元金自体の回収すら危うくなるでしょう。
また、国が売買の規制をした場合も同様な事がおきます。
規制内容としては、沖縄在住者間のみが売買可能、優先的に周辺地元人が売買可能、
保有者に相続人がいる場合売買は規制、県外者が購入した分は
地元の市が一定の金額で買い上げる場合もあるなど。
此方の場合は地代の発生は続きますが、流動性が極端に落ちる事になります。

しかし、そういったリスクを考えても投資先としては魅力がありますから、
不動産や資産化が現地法人を立ち上げ、
今後軍用地ビジネスに新規参入する可能性は想像に難くありません。
国は、沖縄県政は、この現状にもう少し危機感を持つべきだと思います。
これらの無法状態を放置すれば、ゆくゆくの基地返還、
現在の地元住人生活に暗い影を落とす事になるでしょう。

現在でも流通の1割は県外在住の人間によるものだそうです。
ですが、今後この比率が増えていき、上記のように大々的利権ビジネスと化した時、
基地返還プロセスを否が応にも妨害する人は出てくると思います。地元民の感情や訴えに関係なく。
地元民は毎日騒音に悩まされ続けても、軍用地保有者・地主が基地返還にノーと言えば、
地主側の意見が尊重される可能性が高いと思われます。
美味しい所だけ県外者に持って行かれ、地元民は苦痛に耐える毎日。
こんな状況が平易に想像出来てしまうほど、現状には逼迫した危機感を感じてしまいます。


関連記事→沖縄軍用地売買を取り扱っている銀行・不動産会社やブログまとめ

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

【スポンサードリンク】

TOPIX最安値更新 日経平均PERも最悪の水準

2月23日時点の日経225PERは67.47と、
昨年10月27日終値7,162.9時点のPER9.53と比べて大幅に悪化している事が分かります。
PER67と言う数字は一昔前の新興市場の数字のようで薄ら寒い感がします。
現在市場で買いにまわっているのは一部個人と年金資金、自社株買い勢と言われています。
各種指標を常にチェック出来るサイトを下記に紹介しておきます。


日経PER→アセットライブ株式情報 http://www.asset-alive.com/nikkei/
投資主体別売買動向→トレーダーズ・ウェブ http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/stocks_data/investment_3/investment_3.asp

【ブログ内関連記事】↓
SBI証券アクティブプランの手数料改定にご注意 10万円以下無料廃止など

テーマ : 株式投資、お得な情報、儲け話
ジャンル : 株式・投資・マネー

【スポンサードリンク】

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。