スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサードリンク】

株式数比例配分方式・登録配当金受領口座方式等、配当金受領サービスに関する変更点まとめ


2009年4月1日以降に受取予定の配当金に関して、
従来と変更箇所が御座いますので、皆さんご自分の口座の状況をご確認ください。

本年1月より、株券の電子化に伴う措置として、
配当金をご自分の証券会社の口座や銀行口座での受け取りに指定することが可能となりました。

従来では個別銘柄ごとに配当金領収書が送付され、日付等必要事項を記入し、
次の3パターンでの受領方法でした。(配当金受領証方式と個別銘柄指定方式)


・郵便局(現ゆうちょ銀行)や銀行で源泉徴収された金額分の現金と交換

・個別銘柄ごとに銀行口座を指定し、次回以降その指定口座へ振り込んでもらう

・1か月の期限が切れた場合、みずほ信託や三菱東京UFJ信託など、管轄の信託会社へ郵送


郵便局の場合は貯金課の営業時間内(16:00)までに郵便局に行かねばならなかった為、
大半の人はパターン3の信託会社へまとめて郵送していたと思われます。

しかし、株券が全て証券保管振替機構(ほふり)によって管理されるようになった本年権利確定分より、
配当金の受領を電子的な処理で終わらせる事が出来るようになったわけです。


配当金の受領方式変更点は以下の通りです。


<変更後受領方式>

・株式数比例配分方式

→証券保管振替機構(ほふり)の株主情報を利用して証券口座で受領する方法


・登録配当金受領口座方式

→すべての配当金を一つの金融機関の口座で受領する方法



株式数比例配分方式なんていう難しい表現がされておりますがこれには訳があります。

証券保管振替機構で保管されている株券は名義がほふりになっており、

実際の現物株券には証券保管振替機構と名義欄に明記されておりました。
(現在は電子化されてますから今後は意味が無くなります。)


そして、本来の株主所有者は実質株主としてコンピューター上で処理しているため、、
株式の名義人に対して支払われる配当金をほふりで保管している当該株券の所有者に該当する
実質株主に、保有株式数に応じた配当金を比例配分するという意味なのです。


証券会社で株を買ったはずなのに名義がほふり??と思われるかもしれませんが、
これこそが、電子化のメリットでもあります。


実質株主は株券を紛失・盗難される危険性が無くなりますし、
配当金は自分自ら申し出なくても証券会社や銀行口座へ振り込んでくれます。

確定申告の必要書類も、今まではエクセルシートで作成するか、
オンライン申請システムで1銘柄ごとに入力していかなければならなかったのが、
配当金のお知らせとともに郵送される配当金支払通知書があれば入力がスムーズになります。
(来年の確定申告から配当金の申告には支払通知書の提出が義務化されることになっています)


そのかわり、配当金を数年分まとめて送付して受け取り、現金主義で申告処理していた方は
発生主義に変わるわけですから、年間の受取配当金総額によっては税金の損得に係わりますので
その点は注意して下さい。


配当金の受け取り変更はオンライン証券であれば簡単に変更可能です。

また、1社だけ変更すれば、他のすべての証券会社で変更された扱いになります。
(一部オンライン証券で対応が遅れている場合あり)


例えばSBI証券であれば、


ログイン

口座管理

登録情報一覧

各種サービスのご利用状況

配当金受領方法

「株式数比例配分方式」、「登録配当金受領方式」、「従来方式」 から選択

・株式比例配分方式(権利をとった証券会社に振込)

・登録配当金受領方式(SBI証券の出金口座を振込口座に指定する場合)

・登録配当金受領方式(SBI証券の出金口座以外を指定する場合)

から選択。


上記方法で変更可能です。


ほかの証券会社は、各自お問い合わせください。

スポンサーサイト

テーマ : 株式投資、お得な情報、儲け話
ジャンル : 株式・投資・マネー

【スポンサードリンク】

日経平均8ヶ月ぶりの1万円回復 景気回復の兆し!?

日経平均がとうとう1万円の壁を越えました。
3月安値7000円から考えると、たったの3ヶ月で40%以上も上がった事になります。

景気の減速傾向が鈍化し、金融緩和によって市場に資金が溢れ出し、
結果的には株が買われているといういつもの流れとはいえ、
未だ経済の回復は本格基調でないのに何故?と思ってしまうものですが、
相場というのは金の流れと人の心理に影響されているだけですから、
株価が景気より先に上がるのは自然な流れなんですね。

ただ、どこが底なのかというのは後になってみないとわからないもので、
結局は底値買い、高値売りぬけなんてものは余程の事が無いと難しいわけです。
かくいう私も、今年の1月に買い付けた中国系投資信託は
既に半分ポジションを落としてしまっており、
去り行く株価の背中が妙に逞しく見えてしまうものです。(^^;

株式で資産を運用する場合、一番してはならないのは普段の生活に精神的過負荷が掛かってしまう
レベルのポジションを保有することです。

トレーディング自体を生業としているならまだしも、
皆さんの場合はあくまで収入は給与が主体であるべきで、
運用による見込み収益を生活の一部として取り入れてしまうと、
少しでも含み損益があるだけで、普段の生活に何かしらの影響が出てしまいます。

では実際資産に対してどの程度のポジションが適当なのか、
私個人としての意見は、投資先商品の年間予想変動率を基準にして、
総資産が年間に5%前後変動する程度なら許容範囲ではないかと思っています。

(日経平均の過去5年間の変動率は約22%ですから、
資産100万円が年間±5%で変動するようにポジションを組む場合、

(5÷22)×100万円=約23万円

となり、23万円を日経平均連動型投資信託に投入すれば、
資産100万円に対する年間予想変動率は±5%となります。
因みにこれは私のオリジナルの考えなのであしからず)

皆さん、最初は違和感ありましたが消費税って何気なく払っていますよね?
5%というのはそれを基準にしているわけではなのですが、
生活上慣れ親しんでいる数字として一つの目安にはなるかと思います。

仮に5%でも気になる!という方は更に目標変動率を下げ、
年±2~3%としてはどうでしょうか?
これならば社債や国債、ネットバンクでの定期預金等安全資産と、
株価指数や商品指数など個別商品や株価に比べて値動きの捉えやすい商品を織り交ぜていけば
比較的ローリスクで狙いにいける利回りかと思います。

テーマ : 日経平均株価
ジャンル : 株式・投資・マネー

【スポンサードリンク】

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。