スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサードリンク】

電気自動車販売戦争勃発 日産「リーフ」VS三菱自動車「iMiEV(アイミーブ)」

昨日日産自動車から電気自動車(EV)の発表がありました。
本体価格は376万円で、国からの補助金が77万円支給され、
実質的な販売額は300万円を切る299万円となるそうです。

しかし、ここで黙っていなかったのは先行発表していた三菱自動車勢です。
即日対抗し、本来補助金を受けても約321万円程度だった価格を、
284万円まで引き下げました

そんなに下げて利益は出るの?と思われるかもしれませんが、
この件については私は2つの見方をしています。


1、元々対抗馬出現に合わせて値下げをする予定で高めの価格設定にしていた
2、市場シェアを確保するため、即日値下げと言う断固たる姿勢を見せた



1については完全に私個人の憶測ですが、
先行して発表するというのは他の業者の格好の的となるのは誰もが思う所です。
ですから、先に自分に有利となる価格帯で発表し、
その後対抗馬が提示する価格帯をある程度コントロールする事で
それよりも少し安い値段を提示すれば、最終的には自分の思惑通りの価格帯で
設定できる
という事です。

つまり、本来三菱は本体価格の採算ラインを280~300万程度に目論んでおり、
300万以上の値段を先に提示する事により、300万円を切る
いわゆる心理的価格抵抗ライン(298円、にーきゅっぱ!というアレですね)
のすぐ下で価格設定できる権利を相手に与え、そこですかさず本来設定する
予定だった価格に、あたかも対抗して大幅に値下げしたかのような印象を
消費者に植え付けた
のではないかと、そう読んでいます。


また、2番目の理由も合わせ、この即日値下げの姿勢を見せた事により、
他のライバル会社は下手に三菱自動車よりも下の価格設定を付ける事が出来なくなり
十分な牽制効果も発揮する事が出来るわけです。


1度で二度おいしいこの価格帯設定の経営戦略は、
三菱自動車の再建を予感させる一つの布石となったと見ています。


<電気自動車補助金について>

補助金の申請スケジュールは、

1、申請書類提出締め切り:4月2日(金)12:00(電子メールによる提出)
2、審査:4月12日(月)
3、発表:4月13日(火)(電子メールにて各担当へ連絡)

詳細は⇒補助対象車両及び充電器の承認申請受け付けの件(PDF)
補助金統括団体⇒一般社団法人 次世代自動車振興センター

スポンサーサイト

【スポンサードリンク】

第一生命株式売出価格決定と初値予測

本日第一生命株式の売出価格が決定しました。
ブックビルディングでは125千円~155千円の間で、
予想では上限の155千円での決着との見方が多かったのですが、
やはり超大型上場株式、海外勢の入札金額が低かった影響もあり、
仮条件の中間価格である14万円での決着となりました。

個人投資家の需要は旺盛だったものの、
国内外の機関投資家はあまりの大型株だけに
リスクを負う事を避けた格好のようです。


1株未満の単元未満株取得者、1株以上配分でも現金受領希望者は
1株当たり引受価額である135,685円での配分となります。

売出価格と価格差があるのは、
新規公開株式を売り出す時、証券会社に未公開株を引き受けてもらうのですが、
その事務手数料を公募価格との差額で調整することになっています。

仮に配分が1.45株とした場合、
現金希望者等の受取金額は、

1.45×135,685円=196,743円

となると思われます。


以前の記事にも記載しましたが、
法人からの贈与により取得する金銭のうち、継続性の無いものは一時所得で課税されます。
一時所得は所得税、住民税ともに特別控除として50万円を差し引く事が出来ます。

同年中に他の一時所得の対象となる所得がなければ、


500,000÷135,685=3.685株


以内であれば課税対象にはなりません。
ですから、大半の方は1~2株の配分である状況から、
税金の心配をする必要はなさそうです。


ですが、株式の受け取りを希望した場合、
引受価格(又は売出価格)以上の売却価格での譲渡をした場合、
課税対象となりますのでお気を付け下さい。


では、初値が実際にどの程度になるのか。

本日判明した情報をまとめると、

・海外投資家は14万円以下の指値注文が大半だが、需要は4倍あった

→海外株主への本来割り当ては約250万株だったので1000万株程度の需要は
あったものの、今回の決定項では約210万株と、40万株減少している。

需要は1000万株、引受は40万株減、
つまり、成り行き又は14万円以上の指値が210万株で、
残りの790万株は14万円以下の指値で注文があったと考えられる。

・国内投資家の需要は約3倍、しかし個人投資家の需要は旺盛だが国内機関投資家が低調

→元々国内機関投資家は安定株主確保のため強制的な配分が事前にあったため、
それほど需要が無いのは事前の予想で分かっていた事である。

逆に個人投資家は、今年の直前のIPOが好調なのと、過去の大型IPOの初値が
公開価格を上回ったケースが多いため、ネット経由での申し込みが殺到。
元々ネット証券への配分は極小な所への注文集中により需要が大幅に
割当株数を上回っている状況があるものの、店頭経由の裁量配分が多いため、
実際の価格形成への影響が歪になった。


と推測しています。


また、現時点で予測される実需の需要先としては、

・上場後1カ月ほどで発生するTOPIX指数組み入れによる買い需要
・投資信託のインデックスファンドの連動性確保のための買い需要
・ほぼ既定路線と思われる、日経平均225指数採用の先行需要

が考えられます。


また、オーバーアロットメントで売り出される10万株のシンジケートカバー取引
上場後直ぐに発生する買い需要としてあげられます。
(通常、売出時に借り受けた株券を市場で買い戻し、大口株主に返却することになるため)

オーバーアロットメントの出所は恐らく野村自身だと思われますが、
シンジケートカバー取引は売出価格ではなく、
あくまでも引受価格となる事が多く、(証券会社によって対応は異なります)
初値形成の心理的支えにはなりますが、初値が売出価格以上になる要因とは言い難いものがあります。

とはいえ、経営が安定していた平成20年辺りの決算数字で見た場合、
14万円という数字は相当に割安です。


ですから、初値は心理的バイアスとなる15万5000円を上限として、
下限14万5000円~上限15万5000円としておきます。


個人的には、第一生命のBBに参加していますので、
上がってくれる事に越したことは無いのですが(^^;



【関連記事】
第一生命保険 株式会社化に伴う割当株式を野村證券以外で受け取る場合
第一生命保険 株式会社化 割当株式等の選択と課税関係について
住友生命 一時払い終身保険「ふるはーとJロード」(無配当)販売停止


【スポンサードリンク】

団体信用生命保険を使わないで民間生命保険で保障を代用するには(3)

殆どの方が、住宅ローンの返済に元利均等返済を指定しているかと思います。

元利均等返済とは、毎月の返済額を一定にする事により、
収入の少ない初期段階での負担を減らす借入方法です。

もう一つの返済方法である元金均等返済は元本の返済額を一定にするため、
初期段階では金利の負担が大きいため、最初は返済が苦しいものの、
元本を早い段階で返済できるので、最終的な金利負担額を減らすことが出来るものです。

しかし、返済初期の負担が多いため、共働きである程度の収入が無いと
元金均等返済を選択できない場合があり、
その場合は元利均等返済を選択することになります。


では、前回の記事で書いた、住宅ローンを生命保険を使って保障する場合の
「元利均等返済のワナ」とは一体どのような事なのでしょうか。


元利均等返済の場合、毎月の返済額を一定にする代わりに、
初期段階での元本返済額が少なくなっていしまいます。

単純に考えると、

3000万円を金利3%で借り、毎月10万円返済予定の場合、
年間返済額は120万円ですから、1年目の金利負担額は約90万円とすると、
元本返済額は約30万円となります。

この場合、年間の返済額に比べて
元本の減少額がかなり少ないことが分かると思います。



つまり、逓減定期保険や収入保障保険を契約する場合、
年齢とともに定率で死亡保障額が減少するタイプの保険では、
初期段階で世帯主が死亡してしまった場合、
限りなく残債が発生する可能性があるのです。

それを避ける為には、これらの保険以外に終身保険等の死亡保障がある保険に
加入しておくか、初めの一定期間死亡保障額が下がらないタイプの逓減定期保険への
加入を検討する必要があります。


この辺りは実際の借入額や金利タイプ(固定又は変動等)、生命保険料、保険金額と商品ごとに
組み合わせて試算してみないと分かりませんので、ご注意下さい。


【関連記事】
団体信用生命保険を使わないで民間生命保険で保障を代用するには(1)
団体信用生命保険を使わないで民間生命保険で保障を代用するには(2)
団体信用生命保険を使わないで民間生命保険で保障を代用するには(3)

【スポンサードリンク】

団体信用生命保険を使わないで民間生命保険で保障を代用するには(2)

前回の記事内では、団体信用生命保険の保険料総額と
生命保険を利用する意味を書きました。

今度は実際に試算をしてみましょう。


<生命保険を利用した場合の試算>

団体信用生命保険のように保障額が年齢とともに逓減する保険は、

・逓減定期保険
・収入保障保険

となります。


逓減定期保険を簡単に示すと以下のようになります。

・30歳 初期死亡保障額3000万 保険期間20年

30歳時点 保障額3000万
35歳時点 保障額2400万
40歳時点 保障額1650万
45歳時点 保障額 900万
50歳満了

となるわけです。
年齢とともに段階的に保障額が減っていることが分かると思います。
(1年ごとに5%ずつ保障額が減少しています。)

しかし、保障額は減少しても保険料は逓減しません。
団体信用生命保険は保障額が減少しますから、
果たしてお得になるのでしょか。


では、収入保障保険の場合はどうでしょう。
こちらはまた別の問題もあります。

収入保障保険は、遺族の毎月の生活費を保障するために設計された保険ですから
当然、保険金は定期保険のように一括で受け取るわけではなく、
保険期間満了まで毎月一定額が支払われる年金タイプの保険です。

この場合、毎月返済が可能になるような保険の設計は出来ますが、
無駄に残債に対して金利が発生し続けることになります。

また、収入保障保険で受け取った保険金は
毎月受け取りにした場合雑所得で課税されてしまう為、
金利と税金の発生を生んでしまい、効率性が落ちてしまいます。


ですが、収入保障保険は一時金として一括で受け取ることも可能です。
この場合は、被保険者が死亡時に、法定相続人である遺族が受取人であるならば
相続税の対象、かつ死亡生命保険金の非課税控除枠があります。

更に住宅ローンの残債との所得の相殺が出来ますので
税金の支払いを極力抑えることが可能となります。

収入保障保険を団体信用生命保険の試算時に使用した例で加入した場合、

SBIアクサ生命 収入保障保険で試算(対象保険詳細はこちら


契約者:35歳男性
保険期間:70歳満了(35年)
当初保険金額:毎月8万円 最大計3360万(毎月8万ずつ逓減)

月払い保険料4,536円
支払保険料総額:1,905,120円

団体信用生命保険の保険料支払総額:2,186,000円


差額:280,880円


当初保険金額は一括受取時の減少分を加味して若干多めに設定しています。
ですから、3000万に設定するよりも保険料は割高になっています。
それでも、差額は約28万円を節約することが出来ました。

また、収入保障保険は生命保険料控除を受けられますので、
税還付効果もあって更に保険料を圧縮することが出来ます。



しかしちょっと待って下さい。
節約できたからと言って喜んでもいられません。
住宅ローンのもう一つの落とし穴があります。

それは、「元利均等返済のワナです。」



元利均等返済のワナとは?


【関連記事】
団体信用生命保険を使わないで民間生命保険で保障を代用するには(1)
団体信用生命保険を使わないで民間生命保険で保障を代用するには(2)
団体信用生命保険を使わないで民間生命保険で保障を代用するには(3)

【スポンサードリンク】

団体信用生命保険を使わないで民間生命保険で保障を代用するには(1)

団体信用生命保険を使わないで民間生命保険で保障を代用するには(1)


先日、都心分譲マンションの価格が一部で反転したというニュースがありました。
そろそろ買い時かと待っていた人にとっては、価格の下げ止まり感が出るのなら
検討して見ようかという方もいらっしゃると思います。

そこで、住宅ローンの組成時に必ず話題になる
団体信用生命保険の利用と対処法を考えてみようと思います。


住宅金融支援機構が行っているフラット35を利用する場合、
団体信用生命保険は任意加入となっています。
つまり、入らなくても問題は無いのです。

とはいえ、世帯主に万が一のことがあったら大変です。
ローンを返済するために自宅を競売に掛けるばかりか、
住宅の価格下落の方がローン残高の減少よりも早ければ
借金だけが残る事になるからです。

ですから、団体信用生命保険への加入は、
ご自分の遺族を守るうえで大事なことなのです。

とはいえ、実際はどの程度の保険料を支払わなければならないのか。
また、民間の生命保険で代用した場合との支払保険料との差額はどうなのか。
それらを実際に試算してみることにしましょう。

試算を始める前に注意事項を。
民間の銀行で住宅ローンを組む場合、団体信用生命保険料は
借り入れ金利に含まれており、加入できることがローンの審査がおりる
必須条件にもなっておりますので、こちらを利用する方には
ちょっと退屈な話になるかもしれません。

ですが、初めから組み込まれているだけに、
どの程度金利以外で保険料として天引きされているのか
把握されていない方も多いのではないでしょうか。

そんな民間銀行ローンを考えている方も、
ご自分の負担している出費の内訳を理解するうえでも
ご覧頂ければと思います。


<団体信用生命保険試算>

団体信用生命保険は契約者の加入年齢によって保険料が変わるものではありません。
住宅ローンの残債に対して、一定の料率が決められています。
それでは、下記条件で実際に試算してみましょう。
(試算はこちらでできます→住宅金融支援機構特約支払額シュミレーション


契約者:35歳男性
借入予定額:3000万
返済期間:35年
借入金利:2.5%
3大疾病保障:なし
返済方法:元利均等返済方式



経過年数保険料経過年数保険料経過年数保険料経過年数保険料
1107300118570021570003120100
2106000128310022537003215900
3103900138050023504003311500
410190014778002446900347100
59970015751002543400352500
69750016723002639700
79530017694002736000
89300018664002832200
99060019633002928200
108820020602003024200


支払保険料総額:2,186,000円


以上のように、支払保険料総額は全期間で約220万円でした。
期間平準(毎月一定額の支払い)に直すと、実質月払い保険料は5,204円となります。

住宅ローンと金利負担に加えて、
これだけの保険料を負担することになるわけです。

しかし、初めに注意分で添えましたが、
契約者の加入年齢で保険料が決まるわけではない為、
死亡保障の保険料が安い20代等で利用する場合は不利になる可能性があります。

また、保険料は生命保険料控除の対象になりませんので、税還付効果は発生しません。
一般の生命保険料は控除対象になりますので、税効果を考えても
一般の生命保険で組む意味はありそうです。


そこで、フラット35を利用する場合の保険任意加入制度を利用し、
仮に同じように死亡保障額が年齢とともに徐々に減っていく保険を利用すれば
負担保険料を節約できるのではないかと気づく方もいらっしゃると思います。

では、実際にどのような保険を利用すればいいのかを見てみましょう。


生命保険を利用した場合の試算へ続く


【関連記事】
団体信用生命保険を使わないで民間生命保険で保障を代用するには(1)
団体信用生命保険を使わないで民間生命保険で保障を代用するには(2)
団体信用生命保険を使わないで民間生命保険で保障を代用するには(3)

【スポンサードリンク】

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。