スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサードリンク】

ギリシャ問題長期化は大人の都合 ドイツとフランスのとある関係性

先週はNYダウ1000ドル下げがあったにもかかわらず、

各国の相場の戻りは、


ドイツDAX30>NYダウ>英FTSE=フランスCAC40=日経平均=香港ハンセン


という並びでした。


ギリシャ問題の最大のキーマンがドイツなのになぜ最大に戻ったのか?

これは単純に、ドイツにとってはギリシャ債権の値下がりよりも、

ユーロ安による輸出企業への恩恵が大きいからです。


2006年のデータによると、

ドイツの輸出額は1,125,877百万ドルです。
輸入額は919,154百万ドルですから貿易収支は206,723百万ドルとなります。

当時のドルは115円前後でしたから、円換算すると約24兆円もの貿易黒字があったわけです。
(※EU域内貿易含む。2007年データで、EU域外貿易収支は約11兆円の黒字)


確かにPIIGS全ての債務がデフォルトに陥れば、

各国の債務保有残高が100兆円近いドイツにとっては大打撃です。

ですが、新たにユーロ紙幣を刷ってでも破綻を回避させれば、ドイツにとっては

ユーロ安による貿易黒字増加と、債権問題の解消と言う二兎を追える状況にあるわけです。


因みに、同時期のデータによるとフランスは約6兆円の貿易赤字、

イギリス(ユーロ加盟ではありませんが、同じく政権交代懸念で不安定のため)は約14兆円の赤字です。


ですから、ドイツVSギリシャの構図と言うよりは、

ドイツVSフランスという構図になってしまうのは仕方のない事です。


この為、仮にこの問題が長期化すると仮定した場合のロングショート戦略は、

ドイツ株ロング、ユーロショート、フランス&イギリス株ショート

(※イギリスもPIIGS債権保有大国というのも理由)


という感じになるかと思います。

この辺りはCFDを利用するのが一番手っ取り早いですね。



スポンサーサイト

【スポンサードリンク】

民事再生法申請後上場維持なるか 不動産業者プロパストの戦略は?

民事再生法の申請と言えば上場廃止が基本です。
しかし、今回の再建計画は取引所が適当と認めたものに該当するようで、
他の上場廃止基準条件に抵触しない場合は上場維持が認められるようです。

上場廃止にはもう一つ、時価総額による審査があります。
今回の件は、5月15日から、6月14日までの間に、
平均上場時価総額又は、6月14日当日の株価を基準として、
上場時価総額が5億円以上とならない時には上場廃止となります。

この為、プロパストが上場を維持させるには、
債務免除と第三者割当増資による時価総額の増加を
検討する必要があります。


そこで、今後のプロパストの対応は以下のようになります。

1、現状では364億円の債務超過
2、民事再生法の申請・再建計画については、債権者議決権金額2分の1以上の賛成票を獲得済み
3、民事再生手続き開始とともに、欠損金の繰り戻しによる法人税の還付がある
4、債権者は債務の免除、一部債務の株式化(デッドエクイティスワップ:DES)を実行
5、1~4によって、債務超過は解消される
6、今後の運転資金は第三者割当増資による資金調達(3億円を予定)を行う



となっています。

既に債権者の同意は得ているようなので、
今回の再建計画は裁判所でも特に問題なく承認される事でしょう。
債務は一部免除、一部株式化によって償却される予定です。

運転資金は法人税の還付から3~5億、第三者割当増資の3億円が充てられます。
第三者割当先は、

・株式会社ヘキサゴンキャピタルパートナーズ
・株式会社ユーラシア旅行社


がスポンサー候補として挙がっているようです。


DESによる優先株発行による潜在的な普通株式の総数と、
第三者割当による現況普通株式の希釈化率は
220%~290%以内となるよう調整するようです。

かなり具体的に指定されているので、
現在の適正株価が算出できそうですね。

まぁDESに回る無担保債務の債権額が指定されていないので
なんとも言えませんが、DESによる優先株の発行数は現況発行済み株式総数と同等で、
その2倍が潜在的普通株式総数に当たるため、
200%の希釈化は確定しています。

また、第三者割当増資の価格は決定されていませんが、
ジャスダックには希釈化率300%を超えると上場廃止基準に抵触すると言う
別ルールがあるので、この範囲内に収めないとだめなようです。


ジャスダック証券取引所上場廃止審査について
プロパスト再建計画


【スポンサードリンク】

NY株式市場大幅安 ダウ平均株価一時1万ドル割れで前日比1000ドル安


記録的な暴落が発生しました。



(画像はアメリカYahoo!より)

プログラム売買の影響でしょう。

誤発注という名の犯人探しをしていますが、
現在の高速プログラム売買は自動ロスカット設定機能によって
常に過度の変動が発生する危険に晒されています。

下がれば売る、売るから下がるのまさにスパイラル。

人間が楽をしようとすると必ず発生する弊害ですね。


とは言え、1929年のブラックサーズデーの時のように、
人間が手動で売買した所で必ず同じような現象は起きます。

その為に市場には取引所をストップできる権限が与えられているわけですが、
あまりにも高速で動く今の市場は、異常と判断出来ても
取引所を停止させるまでの意識決定プロセスを経過するまでに
更に過度の急落が発生してしまうため、確実なルール作りが無ければ
簡単に止められるものでもありません。


ですから、現在の違法スレスレの見せ板に近い高速プログラム売買は
不公正取引と過度の変動を防ぐため、ある程度規制は設けるべきだと
思っています。


全てを自動化する事に意味はありません。
100の事がスムーズに機能し、コスト削減、利益の増大が図れても、
101回目にミスが起きて全てを失うなら、その機能に意味はありません。
これはどの商売にも言える事です。


常に最悪の事を想定し、経営でも、労働でも株式投資でも
リスクヘッジとロスカットラインを明確に意識づけしておく事は、
上記のチャートのように人生を崩落させない重要なテクニックなのです。


【スポンサードリンク】

3Dテレビは本当に消費の起爆剤となり得るのか?健康被害は?

私は三半規管が相当弱いのですが、

乗り物酔いは何度も乗っているうちに克服しました。


しかし、3Dテレビだけは少し厳しいかもしれません。


テレビで手元カメラが揺れている映像を見るだけで気持ち悪くなる私ですが、
3D映像など見た日には、次の日まで吐き気が残ってしまいます。

店頭で新商品の3Dテレビを見てみましたが、
やはり私の眼にはキツイようです。


そこで、3Dテレビは本当に売れるのか、
私のような症状に悩まされる人は出ないのか、

少しネットで調べてみました。


飲んだら見るな――3Dテレビの健康上の注意、Samsungが公開 4月19日13時43分配信 ITmedia News
VT2シリーズ | プラズマテレビ/液晶テレビ 「VIERA(ビエラ)」【3D映像視聴に関してのご注意】
<3D>映像酔いを防ぐには? 脳が「不快」に…刺激軽減を 5月4日12時16分配信 毎日新聞
「3倍目が疲れる」実験結果 3Dテレビ健康不安ないのか 4月20日21時0分配信 J-CASTニュース
3D映像の安全指針発表…TV・ソフトメーカー (2010年4月20日 読売新聞)
3Dテレビ、見すぎは健康面に悪影響の可能性も 米専門家 2010.04.25 Web posted at: 18:26 JST Updated - CNN


やはり総じて、健康被害は無いとは言い切れないようです。

中には、寝転がって見るなと、ちょっとテレビの視聴環境的にはそれは厳しいんじゃないかという意見も。


私の1週間にテレビに費やす視聴時間は、精々3時間程度です。
(仕事はVDT作業(パソコンモニタを用いた作業環境)なので、こちらは週に5,60時間超えてますが(^^;)

撮り溜めした経済や趣味の番組以外はほぼ見ないようにしています。(これも基本倍速で見ます。)
最近は食事の時に旅番組系を見る程度になりました。

昔は食事時にはニュースを見ていたのですが、
今はネットで速報ニュースを見てしまっているせいか、
余程の臨時ニュースか、WBS以外はあまり見なくなってしまいました。


そんなテレビ環境にいる私が、3Dテレビを買う事はどうやら無さそうです。


というか、そもそも液晶テレビでも無いので、
そろそろ何とかしないといけないのですが、
特に不都合を感じてないので在庫が積みあがった頃に値崩れを起こした
エコポイント対象のテレビでも買おうかと目論んでいます。


ですので、あまり日本経済にとっては宜しくない消費者だったりします。(^^;


おまけ

2015年、日本では4台に1台が3Dテレビに!?――関連企業調査 4月1日12時31分配信 RBB TODAY

【スポンサードリンク】

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。