私の株日記(4)~魔の日経7000円時代・・・そして~ <最終話>

初めのお話はこちら→「私の株日記(1) ~興味を持った切っ掛けを振り返る~」
前話はこちら→「私の株日記(3)~長期保有から短期トレードへの安易な方針転換~ 」


年明け後の約2か月間は、卒論の提出やその後の雑務で色々と忙しい時期でした。

一旦投資から離れた事で冷静になれたのもあると思いますが、
3月になって日経平均が7000円台に突入した時も、
ある意味他人事のような感覚でいました。

(その時、あまり指数に左右されない株を追っかけていた事も要因としてあります)

ただ、世間の反応は異なります。
バブル崩壊後の最安値を連日更新し続け、
7000円台に突入した時は日本崩壊へのカウントダウンが始まったと、
マスコミや新聞では盛んに叫ばれていた時期でした。

そんな中でもチャンスを伺い、情熱とモチベーションだけは
かろうじて保っていた所、市場に対して最後の審判が下されます。



時は2003年5月17日、りそな銀行への公的資金注入決定です



このニュースを最初に見たとき、私は「一時国有化」との認識でした。
つまり、一旦上場廃止になるものだと思っていたのです。

しかし明けて翌週、5月19日の株価の反応は前日比10円安の48円であり、
確かに下がっているもののそこまでの反応ではありません。

この時は100%減資と99%減資の違いや、
優先株発行による希薄化等の判断をする知識がまだなかったので
市場で何が起きているのかあまり理解していませんでした。

そして、それから数日してりそな銀行株を筆頭に、
株価が猛烈な上昇を始めます


「どうやら銀行の破たん懸念は無くなったという事らしい。
 なら、金融不安でここまで売り込まれた日本株の復活も近いかもしれない。

 今が絶好のチャンスじゃないか!


ここから先は無我夢中で売買を繰り返しました。
何せ、買えば騰がるのですから取りあえず出遅れ株を買っていけば儲かるのです。

ただ、2002年のトヨタ自動車の経験が自分の意識下に色濃く残っており
いつかまた株価は下落するかもしれないという根拠なき不安感の中、
一つの銘柄を長く持ち続けるのはとても難しかったのを覚えています。



この年はそれまでの損失分を取り戻すだけでなく、
最終的には大きく利益を伸ばすことができました。

日経平均は最安値7603円から年末10676円まで上昇


市場の勢いというものを味方にする事がどれだけ大切か、
今更ながら痛感しています。


さて、株の有名な格言には、こういう言葉があります。

「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福の中で消えていく

というものです。


私が体験したここ10年の流れを当てはめれば、


2000年から続いた長期下落トレンドの中、
日本崩壊のシナリオが描かれた2003年5月までには多くの人間が悲観し、
公的資金注入という今後の展開が大きく変更されるであろう事象が生じる事で
日本の先行きに対して悲観論も楽観論も入り乱れる懐疑のまなざしの中、
株価の上昇と景気回復とともに徐々に楽観的見方が広まり、
その株価や不動産の上昇による巨額の含み益に幸福感を感じながら、
サブプライムショックとリーマンショックが発生したことで、
その幸福感が泡と消え、すべてが絶望へと変わる。


というまとめ方ができると思います。


まさに、泡と消えた夢と希望。
その絶望の淵で掴んだものは果たしてなんだったのか。
それを活かすも殺すも自分次第...という事なのでしょう。


人間は失敗から学ぶことで成長できる、と人は言います。

もしかしたら私が掴んだものは、
お金以上に大切な何かだったのかもしれませんね。


おしまい



4話に渡ってお付き合い下さり、
誠にありがとうございます。

【スポンサードリンク】

私の株日記(3)~長期保有から短期トレードへの安易な方針転換~

初めのお話はこちら→「私の株日記(1) ~興味を持った切っ掛けを振り返る~」


トヨタ自動車の株を泣きながら投げ売ってからしばらく、
更に追加資金を投入し、新たな投資に備えることにしました。

持ち続けることの恐怖を体験した
私がとった次の戦略は以下の通りでした。


1、カゴメを買い増す
2、短期トレードで利ザヤを稼ぐ



カゴメに関しては前回までのお話に書いた通り、
全体が下がっているにもかかわらずここだけは強かったこと。

つまり、下がらない株は持っていて安心であることと、
この状況で売りが出ないという事は今後上昇した時には
他の株よりも騰がるのではないかという期待感からでした。
(今思うと、殆ど根拠らしい根拠がないのが恥ずかしい所です)

短期トレードという戦略を取る決断をしたのも、
持ち続ける恐怖との戦いから逃げたかったからというのが主因です。

また、数日だけ見ていれば株価は規則的に上下を繰り返す時があります。
そこで、下がったら買い、上がったら売りを繰り返していけば、
利益が出せるのではないか


そう考えた私はカゴメ以外の資金で、ある程度の短期売買を
繰り返すことにしました。


資金量が少ないので取引対象になる銘柄は、
よく動いて10万円前後でも買える株です。

そこで、2つの銘柄に白羽の矢を立てました。
それは、「ナナオ」と「日本製麻」の2銘柄です。


ナナオは株価1,200円から1,300円の間を、
しばらく行ったり来たりしていました。

日本製麻の場合は直近で40円台から130円台まで急上昇した後、
徐々に値下がりし、再び40円台に戻っているときでした。


短期トレードはその2銘柄を中心にし、
更にカゴメを買い増して行く事になります。



10月初め、短期トレードは一進一退ではあるものの、
ある程度感覚が掴める様になってきました。

ただ、手数料が往復で最低3,150円かかる為、手数料負けか、
儲かっても手数料で支払った総額よりも少ないという状況が続いており、
あまり成果が挙げられたとは言えないものでした。


そんなある日、日本製麻を少し多めに持っていた時でした。

直近の安値で43円が3日続いていたのに油断し、
終値が42円と安値更新したにも関わらず、
そのまま翌日へ持ち越してしまいました。


「大丈夫、すぐに戻る。

 そうだ、明日の寄付きに買い増ししよう
 そうすれば43円に戻った時に売ってもトントンで終わるんだから、
 なんの問題もないじゃないか。」


株を少しでも取引した事のある方ならすぐにお分かりでしょう。
こういう安易な考えが容易に人の傷口を広げてしまうという事に


翌日、開始直後の株価は41円でした。
ここで5,000株買い増しし、既に保有株数は1万株です。
ただ、42円で売れれば取りあえず株の損益だけは
プラスマイナスゼロで乗り切ることができます。

私は42円に指値をし、後は運を天に任せ
引け前まで株価を見ない事にしました。
その間に売れていることを期待しながら・・・



取引が終わる30分ほど前です。
恐る恐る携帯から株価の確認をしてみました。
そしてそこには・・・






38円






と書かれていました・・・


38円!?昨日の終値から4円も落ちてる!なぜ!?」


どんなに疑問をぶつけても誰も答えてはくれません。
ただ、38円という株価損失という事実が目の前にあるだけです。


引けまでに相当悩みました。

ですが、1円で1万円も動いてしまう状況から早く逃れたくて、
引けの成り行きで売却する決心をします。

この時、引け値は39円。手数料を入れて約3.5万円の損失です


「またもや大きな損失!トヨタについで、またやってしまった。。。」


短期トレードというのも、
コツコツとれるが最後はドカンと失ってしまう


そんな苦い経験を積みつつ、
学習しない私は同じことを度々繰り返しました。

更に追い打ちをかけるように、とうとうカゴメが600円台に突入。

そんな散々な状況で、ひとまず年を越すのでした・・・


(続く)

「私の株日記(4)~魔の日経7000円時代・・・そして~ <最終話>」

【スポンサードリンク】

税制改正法案(一部分離法)成立でFP的に注意する項目(メモ書き)

平成23年度税制改正法案(一部分離法)の可決部分から知識としての必要部分の覚書


「現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための所得税法等の一部を改正する法律」

財務省:http://www.mof.go.jp/about_mof/bills/177diet/index.htm


~税制改正法案成立でFP的に注意する項目~


<所得税法の一部改正>

1、年金所得者の申告手続き等についての簡素化

 (1)公的年金等の収入金額が400万円以下で、同年中にそれ以外の所得金額が
   20万円以下である時は確定申告の提出する必要なし
   (一般サラリーマンと同一の扱い)
 (2)公的年金等の源泉徴収税額の計算で、人的控除の範囲に
    寡婦(寡夫)控除を追加

コメント:年金受給者の負担軽減


2、申告義務のある者の還付申告書についてはその年の翌年の1月1日
 (現行その年の翌年の2月16日)から提出できることとする。

コメント:還付申告時期の分散


3、生命保険契約等に基づく年金に係る源泉徴収制度等について、
  当該年金の支払いを受けるものと保険契約者とが異なる契約者等
  一定の契約に基づく年金を対象から除外する。
  (平成25年1月1日以降に支払うべき年金について適用)

コメント:昨年の生命保険の年金形式の受け取りに関する法改正を受けた措置


4、居住者または国内に恒久的施設を有する非居住者が行う金地金等の
  譲渡の対価に係る調書の提出制度等を整備する。
  (平成24年1月1日以降に行われる譲渡に関して)

 ※同一人に対するその金地金等の譲渡の対価の支払い金額が200万円以下である
  場合には、その金地金等の譲渡の対価に係る支払調書の提出は要しません。

コメント:金地金の売買が急増しているため、申告逃れ対策。ただし中途半端。


<租税特別措置法の一部改正>

・個人所得課税

1、住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除等について、
  増改築等の費用に関し補助金等の交付を受ける場合には、
  税額控除の適用の際、当該増改築等に要した費用の額から
  当該補助金等の額を控除することとする

2、先物取引に係る雑所得等の課税の特例等の対象に、次に掲げる取引に係る
  雑所得等を加えることとする

  (1)商品先物取引法第2条第14条第1号から第5号までに掲げる取引で同法に規定する
     店頭商品デリバティブ取引に該当する者の先等決済

  (2)金融商品取引法第2条第22項第1号から第4号までに掲げる取引で同法に規定する
     店頭商品デリバティブ取引に該当する者の先等決済

  (3)金融商品取引所に上場されていない金融商品取引法第2条第1項第19号に掲げる
     有価証券に表示される権利の行使もしくは放棄または当該有価証券の譲渡

  (※ 平成24年1月1日以降の決済について適用)

コメント:FX・外国為替証拠金取引・CFD等の差金決済取引に係る
      店頭取引分が分離課税方式に


3、認定特定非営利活動法人等に寄付をした場合の所得税額の特別控除

  2,000円を超える場合にはその年分の所得税の額から、
  その超える金額の100分の40に相当する金額を控除する。

  ※総所得金額等の100分の40が上限、控除の上限は所得税額の100分の25。

コメント:NPO団体に対する寄付金の優遇拡大



【スポンサードリンク】

私の株日記(2) ~いよいよ株式投資デビュー!だがそこには・・・

前回までの話はこちら→「私の株日記(1) ~興味を持った切っ掛けを振り返る~」


私が初めて株を買う決意をした2002年の5月、
日経平均は年初から少しずつ株価を戻し、
9000円台からちょど12000円まで戻ってきた頃合いでした。

株式のチャートについて本で勉強していた私は、
なるほど、これがダブルボトム(※図参照)かと考え、
2000年には2万円だった事による見た目上の割安さと、
直近の高値12000円を超えるタイミングは
今しかないのではという思いもあり、実際に行動に移すことに決めました。





とはいえ、初めての株式投資。
どれを買っていいのかわからない上に、
監視してきたソニーやゲオは50万円以上もします。

これではとても手が出ない。。。

そこで、まずは日本で最も有名な「トヨタ自動車」
を買ってみようと思い立ちます。

みんな騰がるならトヨタが騰がらないはずがないという
結構単純な理由だったと思います。

それまでに「身の回りの生活から投資をする」という観点で
株を見続けていたはずなのに、なぜか買う時になって
一番安全そうな銘柄を選んだわけです。

今考えても不思議なのですが、この時なぜトヨタを選んだのかと問われると
本当に上に挙げたような理由だったのですから
人間というものはよくわからないものです。


また、時を同じくしてもう一つ銘柄を買いました。
「カゴメ」という会社の株です。

こちらは普段自分が野菜ジュースを飲んでいたこともあり、
更には飲料系で健康ブームが盛り上がっていたことも手伝って
わりとすんなり株式の買い付けに至りました。


トヨタの買い付け価格は 3580円
カゴメの買い付け価格は 1020円


です。


当時はネット証券でも手数料がまだまだ高く、
オンライントレードの最低金額でも1,575円だったと思います。


つまり、往復手数料を考慮すればトヨタ自動車の場合で株価が3615円、
カゴメの場合で1052円を上回らなければ利益を出すことはできないわけです。


ですが、これからどんどん株価が上昇すると思ったからこそ買ったわけですから、
そんなコストは気になりません。



そう、株価が上がれば何の問題もないのです



株価が上がれば・・・








1か月後、私は株の怖さを体験することになります。
その時の2社の株価は以下のようになっていました。


トヨタ自動車 3050円
カゴメ 975円


カゴメは5%ほどの下落です。この位なら当然あり得る数字でしょう。
しかし、トヨタ自動車はたった1か月で15%も下がってしまいました
全体が騰がるならトヨタが騰がらないはずがない・・・そう考えて買った株が、です。

ではその時の日経平均はいったいいくらに?
12,000円が15%落ち、10,200円にでもなっていたのでしょうか?

答えはほぼ正解。日経平均は10,300円台まで下落してしまったのです。


「これはおかしい。
 12,000円を大きく超えるからと思って株を買ったはず。
 なのに、今や高値から15%も下がっている。

 これは自分が間違っているんじゃない。
 市場が間違っているんだ!


私は自分の心に対して叱咤激励し、株価に対して罵詈雑言を並べ立て、
早く自分の考え通りの価値を取り戻すことを切に願いました。
まさに神頼みの心境。今考えれば冷静さを欠いた失策と言えるでしょう。


その一か月後、トヨタ自動車の株価は2690円を付けてしまいました。
買った値段よりも25%も下落してしまったのです。


「これは駄目だ!確実に選択ミスだったのだ!
 もう売ってしまうしかない。売らないといくらまで落ちるか予想がつかない。
 幸いカゴメは買った値段からそう動いていない。

 そうだ、トヨタ自動車の株を売ってカゴメを買えばいい
 更に資金を追加して、他の株も買ってみよう。


そう思い立ち、私はトヨタ自動車を投げるように売りつけました。
確か売値は2850円ほどだったと思います。


株価にして730円分。


初めての株式投資は、
辛酸と悔恨が混ざり合う、悲しい味がしました。。。



(続く)



私の株日記(3)~長期保有から短期トレードへの安易な方針転換~

【スポンサードリンク】

私の株日記(1) ~興味を持った切っ掛けを振り返る~

今日はちょっとした経験談をお話ししようと思います。

左のプロフィールにありますように、
私は以前個人で株式トレーディングを行って生活しておりました。

いわゆるデイトレーダーというやつですね。

でも、うちの家族は株はもとより、
債券すら買ったことがない家庭でした。

資産の運用と言ったら、
典型的な「郵便貯金の定額貯金+保険」という
ごく一般的なスタイルしか経験しておりません。

そんな私がはじめて株というものに興味が湧いたのは
山一證券や北海道拓殖銀行が破たんした頃です。


その時私はまだ高校生でしたが、
社長が頭を下げている姿と、銀行の看板を文字通り降ろしている映像を見て、
銀行や証券会社というお金を扱う会社が潰れてしまうという
ショッキングな出来事を昨日のように思い出します。

当然、株というものに良い印象など持つはずもなく、
また、当時は私自身のお年玉から強制的に郵便局の定額貯金に
お金を預けさせられていた経緯もあり、
預貯金の方が株よりも安全で良い運用なんだという
漠然とした思いは抱いていました。

(経緯はこちら。ご興味あれば→子供の金融リテラシー教育 お小遣いの相場と金銭感覚


それから2年ほど経った1999年3月のある日、
ソニーのプレイステーション2が近々発売されるというニュースを聞き、
あれだけ社会現象を巻き起こした次世代機であり、
(実際、2の本体を手に入れる時は抽せんでしたし、1の時も秋葉原で並んで購入しました)
必ず会社の業績は上がるはずと思い、
某新聞社の株価欄を週に1度はみるようになりました。

初めは確か9000円位だったと思います。
それが時間を追うごとに1万円、1万5千円2万円とあれよあれよと上昇し、
そして年末にはなんと3万円!!!

発売もしていない会社の株が元の株価の3倍以上になってしまったんです。
この時、買ってもいないのにすごく悔しい思いをしたことを覚えています。

また、時を同じくしてゲオというレンタルサービスを行っている会社も追っていました。
切っ掛けは近所にあったブロックバスターという同じくレンタルサービスを行っている
会社の店舗が、ある日突然ゲオという見知らぬ会社の店舗に変わったからです。

調べてみるとどうやらナスダック・ジャパン(元ヘラクレス、現ジャスダック)
という市場に上場しているらしい。そして株価も書いてある。
こちらもソニーと一緒にずっと追っかけていました。

確か見始めた頃は30万円位だったと思います。
その後これまたあれよあれよと上昇し、あっというまに2倍に。
また、この時株式分割というものも初めて知りました。


これは株をやれば儲かるんだ
預貯金よりも1年2年であっというまに2倍3倍になるもんなんだ

私は何かしら確信めいた思いを抱いたものです。
なにせ、今でいう「身近な所から投資を始めよう」で実際に投資していれば
確実に儲かったはずなのですから。


私はこれまでに貯め続けた普通預金を引出し、
そのお金を元手にいよいよ株式市場へデビューする事になるのです。




時代は2002年5月某日の事でした。








そして翌年、日経平均が、魔の7000円台に突入することになるのです。


(続く)



「私の株日記(2) ~私の株日記(2) ~いよいよ株式投資デビュー!だがそこには・・・」へ

【スポンサードリンク】

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR