スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサードリンク】

投資未経験者の為の投資に関する注意と、投資を始めた切っ掛けや初期投資金額について

投資を始める時、人はどのような動機で初め、
その初期投資額や、投資先にどのような考えを持っているのか。

ネット上で拾える、過去に証券会社等やリサーチ会社が行った
調査結果を集め、検証してみる事にした。




本題に入る前に私のスタンスを語ろう。
(単にデータと考察が読みたい方は飛ばして下さい)



私は興味がないと言う未経験者の投資への参加は否定的な立場の人間だ。
過度に将来不安を煽って、何が何でも投資に向かわせようとするのは、
単に販売サイドの論理から来るものだからだ。

投資だってローリスクハイリターンは存在する。それは「自己投資」だ。
自分の技術レベルを上げて、それに見合った報酬を受けられるなら、
これほどローリスクな投資先は無い。

例外として、肉体を鍛えて格闘技に行くと言うなら
ハイリスクハイリターンではあるが、一般家庭はそうではない。
仕事のスキルがアップすれば、給与が下がらない限り、
必ず定期的な収入増となるからだ。

ここで恐らくこう感じた人がいるのではないだろうか?
努力してもベースアップに繋がらず、残業代が上限カットになるとか、
管理職になると残業代がゼロになるケースはどうするのかと。

だからこその自己投資。
自分にスキルがあれば、転職先の幅が広がる事になるし、
独立する事も可能だ。

それでも転職先が見つからず、見つかったとしても今よりも
給料が下がる場合や、独立するにもリスクが高いと感じたら?

また、将来的な給与アップが見込めない場合は?

そういう人こそ、投資を検討する必要が出てくる。
給与の不足分は投資で増やして補うしかないからだ。

手取り収入を増やすには、

1、収入を増やす
2、支出を減らす
3、投資で増やす

しかない。

収入が増えず、これ以上のコストカットも無理なら、
後は投資をするしかない。

その投資が自己投資でも良いし、
株式や債券で運用してもいい。

金融商品と言うのはそういう位置づけにあるものだ。
証券会社が利益の為にやるものでも無く、
会社が利益を上げるために金集めをする為の道具でも無い。

一般消費者にとっては、自分の手取り収入を上げるための
一つのツールでしかないと言う事はまず理解して欲しい。



<各調査結果から見る投資未経験者の投資行動>


シティリビング(産経新聞系)「OLマーケットリポート」
URL:http://www.sankeiliving.co.jp/ol_report/c_ol_67.shtml



この調査では、投資未経験者のみに対しての質問がある。
「どのようになったら投資を始めると思うか」という直球の調査結果だ。

見ると、「もう少し勉強して、知識が増えたら(57.7%)」となっている。
また、第二位が「自分で期待できる商品が見つかったら(35.2%)」
第三位が「まとまった資金ができたら(32.7%)」
である。

逆に、今の所投資をするつもりが無い人は17.1%しかいないようだ。


確かに投資は難しくて怖いイメージがある。
もっと勉強してからという考えは間違っていない。
だが、失敗を恐れるあまり投資をしないというのであれば、
なかなか投資に踏み切るのは難しそうだ。
投資は損と言うリスクがあって初めて成り立つものだからだ。

リターンとリスクは切っても切れない関係である。
損をする可能性が高い投資と言うのは、
それだけ利益も期待できるのが普通だ。
預貯金は1000万円までとその利息であれば
国が補填してくれる金融商品だ。
だから皆あまりリスクを意識せずに預け入れている。

だが、日本が破綻して円の価値が無くなったらどうだろう?
誰がそのお金を認めてくれる?誰が払い戻してくれるのだろう?
そう考えれば、預貯金も無リスクとは言い難い。
通帳や印鑑、カードや暗証番号を盗まれてしまえば、
引き出される危険があると言うのもリスクの一つだと言えば
もっと身近に感じてくれるだろうか。

リスクがあって初めて成り立つ投資。
なら、初めからそのリスクを想定に入れ、
興味があるならまず始める事を考えてみよう。
今は1000円からでも投資が始められる時代だからだ。

そこで、次に証券経験者を対象にしたアンケートで、
初めて投資した金額はいくらだったのかを見てみよう。




オリコン「ネット証券利用経験者を対象に「初めて投資した金額」」(2007年)
URL:http://career.oricon.co.jp/news/48230/#rk



調査結果をみると、初めて投資した金額の1位は「10万円未満」。
2位は「10万円以上~30万円未満」と、比較的少ない金額で
スタートを切っている人が多い。

逆に、100万円以上でスタートする人は全体の16%にしか過ぎず、
リスクをしっかりと把握して、少額から投資生活を始めている人が多いようだ。

仮に誰もが10%損するような市場環境が発生したとしよう。
リーマンショックの時のような状態を想定してもらえると分かりやすいと思う。

この時、初めて投資をした人が100万円から始めていたら、
発生する損失は10万円である。
だが、仮に1万円から投資を始めていたら?
その人は1000円の損失で済んだ事になる。

この二人の投資行動で発生した損失はお互いに10%。
率だけ見れば同じ経験値となる。
流石に100万円と1万円を比べるのもどうかと思うが、
結果だけ見れば10%の損と言う経験は得られたのである。

ひとつ前の調査結果のように、
まとまった資金が出来てから始めたのでは、
過度のリスクを負った事になるだろう。
手痛い経験を負って、やめてしまう人もいると思う。

何度も言うが、投資は損というリスクを内包している。
そしてそのリスクがあるからリターンがあるのである。
リスクを最小限に留めるには、いきなり多額の投資をしない事、
そして各金融商品の値動きの特性を掴む事である。

そこで、次に各金融商品に対してどのようなイメージを持っているのか
調査結果から見て行こう。



楽天リサーチ「投資に関する出現率調査」(2007年)
URL:http://research.rakuten.co.jp/appear/20070105/



調査結果をみると、「もしあなたの手元に10万円があったら?(複数回答)」
という質問には、30.8%が興味が無いと答えている。
他、株式が35.4%、外貨預金が16.8%、投資信託は13.1%、外国為替7.6%。

「リスクが高いと感じる投資は?」という質問では、
ギャンブルが81.4%、商品先物が74.1%となり、ほぼ同一水準と捉えている。
また、株式は31.5%、不動産投資が39.8%、投資信託は10.0%、
外貨預金や6.9%しかない。


投資信託は、ファンドによっては株式よりもレバレッジの利いた商品もある。
また、普通は株式と同等のリスクを負っている商品性であり、
維持コストを考えれば株式よりも損を出す可能性もある。

だから、株式投資より21ポイントもリスクに対する許容度が下がる理由が無い。
なのに、投資家は個別株式よりも投資信託の方がリスクは低いと考えているようだ。

投資信託には債券型・株式型・不動産投信型・コモディティ(原油や小麦等商品)型・
オルタナティブ型(複合型)・バランス型・ブルベア型等様々な物が存在している。

しかも、海外型・国内型・分配金のありなしや再投資のありなし等も含めれば
様々なリスク商品が混在した部類の投資先だ。

投資信託=株よりは安全と思っているなら、
考えを改めた方が良いだろう。

私の手持ちの投資信託も、
リーマンショック時にはあっさり半値まで落ちたからだ。
(私の場合は海外債券ファンドと国内インデックス投信)

こういった、商品の特性と認識とのミスマッチは危険だ。
必ず、「こんなはずではなかった」と感じる瞬間が来るだろう。

だが、気付いた人は次に這い上がるチャンスを与えられるのだ。
勉強とはそういうものだ。机上の空論を追っかけているより、
実際経験してしまえば、否応も無く身に刻まれる事になる。

実践に勝る経験無し。昔の人は良く言ったものだ。


関連記事

【スポンサードリンク】

コメントの投稿

非公開コメント

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。