私の株日記(1) ~興味を持った切っ掛けを振り返る~

今日はちょっとした経験談をお話ししようと思います。

左のプロフィールにありますように、
私は以前個人で株式トレーディングを行って生活しておりました。

いわゆるデイトレーダーというやつですね。

でも、うちの家族は株はもとより、
債券すら買ったことがない家庭でした。

資産の運用と言ったら、
典型的な「郵便貯金の定額貯金+保険」という
ごく一般的なスタイルしか経験しておりません。

そんな私がはじめて株というものに興味が湧いたのは
山一證券や北海道拓殖銀行が破たんした頃です。


その時私はまだ高校生でしたが、
社長が頭を下げている姿と、銀行の看板を文字通り降ろしている映像を見て、
銀行や証券会社というお金を扱う会社が潰れてしまうという
ショッキングな出来事を昨日のように思い出します。

当然、株というものに良い印象など持つはずもなく、
また、当時は私自身のお年玉から強制的に郵便局の定額貯金に
お金を預けさせられていた経緯もあり、
預貯金の方が株よりも安全で良い運用なんだという
漠然とした思いは抱いていました。

(経緯はこちら。ご興味あれば→子供の金融リテラシー教育 お小遣いの相場と金銭感覚


それから2年ほど経った1999年3月のある日、
ソニーのプレイステーション2が近々発売されるというニュースを聞き、
あれだけ社会現象を巻き起こした次世代機であり、
(実際、2の本体を手に入れる時は抽せんでしたし、1の時も秋葉原で並んで購入しました)
必ず会社の業績は上がるはずと思い、
某新聞社の株価欄を週に1度はみるようになりました。

初めは確か9000円位だったと思います。
それが時間を追うごとに1万円、1万5千円2万円とあれよあれよと上昇し、
そして年末にはなんと3万円!!!

発売もしていない会社の株が元の株価の3倍以上になってしまったんです。
この時、買ってもいないのにすごく悔しい思いをしたことを覚えています。

また、時を同じくしてゲオというレンタルサービスを行っている会社も追っていました。
切っ掛けは近所にあったブロックバスターという同じくレンタルサービスを行っている
会社の店舗が、ある日突然ゲオという見知らぬ会社の店舗に変わったからです。

調べてみるとどうやらナスダック・ジャパン(元ヘラクレス、現ジャスダック)
という市場に上場しているらしい。そして株価も書いてある。
こちらもソニーと一緒にずっと追っかけていました。

確か見始めた頃は30万円位だったと思います。
その後これまたあれよあれよと上昇し、あっというまに2倍に。
また、この時株式分割というものも初めて知りました。


これは株をやれば儲かるんだ
預貯金よりも1年2年であっというまに2倍3倍になるもんなんだ

私は何かしら確信めいた思いを抱いたものです。
なにせ、今でいう「身近な所から投資を始めよう」で実際に投資していれば
確実に儲かったはずなのですから。


私はこれまでに貯め続けた普通預金を引出し、
そのお金を元手にいよいよ株式市場へデビューする事になるのです。




時代は2002年5月某日の事でした。








そして翌年、日経平均が、魔の7000円台に突入することになるのです。


(続く)



「私の株日記(2) ~私の株日記(2) ~いよいよ株式投資デビュー!だがそこには・・・」へ

関連記事

【スポンサードリンク】

コメントの投稿

非公開コメント

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR