スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサードリンク】

100円の価値ってなんだろう

財布の中にある100円玉を見てふと思った事。
それは、100円の価値って何なんだろう、というお話です。

一番わかりやすいのは100円で買える物を思い浮かべる事でしょうか。


よく例に挙げられるのはうまい棒ですね。
うまい棒は1本10円ですから、100円あれば10本と交換できます。
(※以下、消費税のお話は置いておきます)

また、100円ショップに行けば様々な商品と交換できますし、
自動販売機でジュースを購入したり100円マックで飲食出来たり、
レンタカーだって10分100円で借りる事も出来ます。

100円と侮るなかれ、色んな財との交換が可能なわけですから、
100円という物の偉大さが伝わってきます。


ではどれだけ偉大かという事を別の側面から見てみましょう。

他の財の交換という意味では同じですが、
その財から得られる効用(満足度)や効果を具体的に考えてみる事にします。



例えばガソリンです。

東京では1リットル当たりの平均価格は140円位です。
100円だけでは交換できませんが、100円分に直してみましょう。

1L×100円÷140円≒0.71L

100円あれば約0.71Lのガソリンと交換できるようです。


では、この0.71Lを燃焼させて得られるエネルギーとはどれほどでしょう?
私はこの手の話は詳しくないのでガス会社から引っ張ってきた数字で計算すると、

8,400(kcal/l)×0.71=5,964(kcal/l)

※参考:http://www.karatsugas.co.jp/lng.html


となるようです。

成人男性の1日当たり必要カロリーが2,000kcal以上と言われていますから、
約3日分のエネルギーが100円分のガソリンから得られる事になります。
これは凄いですね...


ちなみに、100円マックで最もカロリーが高そうなメニューが
「マックグリドルソーセージ」で、420kcalです。

同じ100円なのにカロリーベースにするとガソリン対比で14.2倍も違う
という比較データも、効果の差が見れて面白いですね。




100円で得られる効用という意味では、
人それぞれに違った効果が考えられます。


例えばブックオフで100円の本を買ったとしましょう。
この本から得られる満足度は人それぞれですが、
実際に見て購入に至った以上、100円という対価以上の満足度が
得られる可能性は高いはずです。(所有欲を満たすという点でも効果あり)

また、その本から得られる知識という副次的な資産価値を考えた場合、
仮にその本の知識を活かして数十倍・数百倍の資産を得ることが出来たのなら、
それもまた満足度の差につながるのではないでしょうか。



最後に一つ挙げるとすれば、
移動距離の短縮効果でしょうか。


例えば電車です。
JR東の山手線管内の初乗り料金は130円です。
東京から新橋まで1.9kmですが、初乗りで乗車できます。
100円辺りの輸送距離は、

1.9㎞×100円÷130円≒1.46㎞

となります。

100円で1.46kmも移動できるわけですね。
(※大都市近郊区間内特例を除く)


仮に自分の足で歩いた場合、
80mごとに1分として計算すると、

1.46㎞÷80m≒18分


約18分の距離を100円支払うことで代行してもらったという事になります。



物との交換価値・効用や効果・そして時間や空間の短縮効果。
たかが100円と侮るなかれ、100円硬貨ならぬ100円効果の見定めで
少しは無駄遣いが減るかもしれませんね。


関連記事

【スポンサードリンク】

コメントの投稿

非公開コメント

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。