投資の目的を可能な限り考えてみた。

私自身投資の主目的は老後の為でも、勉強の為でもなく
あくまでも生活費補てんの為です。

昔は早期リタイアが主目的でしたが、
現在は3番目くらいに落ちてしまいました。
(もちろん諦めてませんが)

生活費の補てんの為ですから無理な投資行動はしませんし、
基本的にはイベントドリブン系の投資戦略の為、
売買回数は以前と比べれば数百分の1程度に落ちてると思います。
「目的に合った投資スタイル」とするならこういう形がベストというだけの話です。


さて、みなさんはどんな目的で投資活動をされているのでしょうか?
第4回インデックス投資ナイトでそういった問いかけがされたのは
良い切っ掛けだったのではと思います。

そもそも、仮に投資経験者が投資の目的を明確にできないという場合、
我々FPは選択している金融商品に何かしらの誤りがある可能性を疑う必要が出てきます。

・無理にリスクを負いすぎていないか?
・逆にリターンが十分に得られる投資先が確保できているか?
・投資先そのものが投資者にとって不利益性が無いか?


それらを自分の目的に合わせ、投資をする前に十分検討しなければならないからです。


そこで、私が思いつく限りの"投資をする目的"を箇条書きで洗い出してみました。


<投資をする目的>※順不同


・余剰資産を運用したい
・銀行の預金金利より高い収益を得たい
・インフレ対策(購買力の維持)
・相続対策
・節税対策
・老後資金を作りたい
・子供の学費の積立資金
・住宅購入の頭金を貯めたい
・結婚資金を作りたい
・早期リタイアを狙って一発当てたい
・趣味としてやってみたい
・自己実現の為
・資産の価値を失いたくない
・国外脱出資金を作りたい
・なんとなく人に勧められ興味を持ったから始めたい
・スリルや刺激を味わいたい
・買ってみたい金融商品があったので
・資産の分散目的
・株主しか貰えない限定品が欲しい
・自分の好きな企業を応援したい
・経済活動に貢献したい
・社会的責任を果たしたい
・心に余裕を持ちたい
・転職がしたい
・大株主になって会社を支配してみたい
・経済の勉強のため
・基金を作って奉仕活動がしたい
・車や家電等耐久消費財を買う原資にしたい
・海外旅行やレジャー資金を作りたい
・独立資金を作りたい
・支配からの卒業(社会・会社・嫁)
・生活資金をの足しにしたい
・トレードで生活したい
・お金が好きだから
・とにかく儲けたいから
・特に目的は無いが資金を増やしたい



カテゴリーとしては若干被っているものが多いので、
系統別に大分類を作ってみると以下の通りです。


1、将来の必要資金作り
 老後資金や住宅資金、早期リタイア等、比較的大きな資金を形成する目的で

2、現在必要な資金作り
 生活費の足しにしたり、生活費そのものを得る事が目的

3、資産運用
 単純に余剰資金がある場合や銀行の預金金利より多少は利回りが欲しいという目的で

4、各種対策として
 インフレによる購買力低下に対してや、相続や節税対策等が目的

5、投資から派生して得られる効果
 経済の勉強をする切っ掛けを得たり、探究心を満たしたりするのが目的

6、投資自体が目的
 投資でスリルを味わったり、趣味としてやってみたりするのが目的

7、その他
 目的が無い、或いは社会貢献として



このような形で分けられるかと思います。

貴方の"投資する目的"は果たしてどのような物でしょうか?
また、その目的に合った投資商品をしっかり選べているでしょうか?
しっかりと考えて目的をもって投資活動に励みましょう。
関連記事

【スポンサードリンク】

コメントの投稿

非公開コメント

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR