つみたて投資ゲーム大会 in 横浜(1/15) 参加・体験レポート

本日は「半値になっても儲かるつみたて投資」等の著者である、
星野泰平さん主催(PETさん共同開発)の積立投資ゲームに参加してきました。

星野さんとはツイッターやメールでのやり取り自体はあったのですが、お会いするのはこれが初めて。
こういう所はSNS全盛時代ならではといった所でしょうか。


それはさておき、ゲームの本題に入りたいと思います。


1.ゲームの目的・主旨

このゲームは毎月積立投資をしたらどのように資産が推移するのか、
実際に体験してみようという主旨で行われています。

また、一括投資と積立投資の違いや、
投資に関する基本的な知識も身につける事が出来るよう工夫されています。


2.ゲームの大まかな流れ

まずは実際の投資のように、積み立てようと思う投信の商品選びからです。
設定されている商品は様々で、債券型や株式型、コモディティ系統まであり、
私はその中から日本のIT株に投資する投信を一つ選択しました。

今日のゲームの積立期間は20年が目標値として設定され、
1年に一回、自分が選んだ投信を1万円分買い付ける事になります。
つまり、最後の結果が20万円を超えていればトータルリターンはプラスと判断されます。

投信の基準価額は当初1万円から開始されますが、
参加者が順に引く事になるイベントカードにより価格の変動を受ける事になります。

価格変動幅はカードに指定があるか、サイコロを振る指示があった場合その出目により、
自分が選んだ商品ごとに指定された増減数字を基準価額から加減算する事になります。


例)
==========================
出目が2なら-4,000円
出目が3なら-2,500円



出目が12なら+3,500円
==========================


といった感じで2~12までが表になっています。

上記の場合、基準価額が1万円の時にサイコロの出目が2であるなら、

1万円-4,000円=6,000円

がその年の基準価額となります。


仮にこの年に1万円分買い付けた場合、
買いつけられる口数は、

1万円÷6,000円≒16,667口

となるわけです。


これを20年間(つまり20回)続ける事で
累計買付口数と変動した基準価額から最終的な資産額が決定される事になります。


3.ゲームの準備

まず初めにゲームマスターからイベントカード2枚が配布されます。
これには各自が選択した商品に影響してくる様々なイベントが書かれており、
自分の順番で利用してもよいし、利用しなくても良いカードとなります。

使用回数は上限が2回で、同じカードを利用してもOKというルールです。
ちなみに私のグループは5人で20年分のイベントを順番で行う事になった為、
各自4回カードを引くか、手持ちのイベントカードを利用する事になります。


<実際のゲームの感想>

初めはルールの把握が結構大変でした。

ただ、徐々に流れを掴んでからはもの凄い盛り上がりで、
上記ルールにより基準価額は様々な推移を見せ、
ゲーム参加者を一喜一憂させていました。

また、各自に配布されたイベントカードが効果的で、
有頂天だった私に2000年を彷彿とさせるようなITバブル崩壊が訪れ、
まさに急転直下の結果となるなど、様々な工夫が凝らされています。

他にはイベントカードに書かれた時事ネタ(ユーロ圏の国が破綻でユーロ暴落とか(笑))
で盛り上がったり、4年を1タームとして間に挟んで行われた
投資に関するクイズや意見交換により互いの考えを披露したり、
知識不足な人も詳しい人の回答を聞く事によって効果的に物事を理解できたりと、
飽きさせず勉強できる工夫がなされていました。

ちなみに私のゲーム結果は基準価額が1度も1万円を切らず、
最後は2万円を超えているのにトータルリターンは6.7%でした。

これは期間の途中で基準価額が上がり過ぎてしまい、
買付口数を多く確保できなかったのが要因です。


ただし、総投資額に対するリターンが6.7%ですから、
毎年の積立利率は別に計算する必要があります。

そこで実際に計算した所、

「毎年1万円を年利0.62%で20年間・複利で積み立てた」

結果と同じ、という事になります。

こう考えると1年定期にはなんとか勝てたかな?といった所でしょうか。


中には40万まで行く人もいたり、13万程度しか残ってない人もいて悲喜交々。

また、私と同じ投信を選んでいるのに途中経過が異なるので結果が10万円単位で
差が生じていたりしているなど、途中経過と最後の出口価格の大事さが身に染みてわかる
実践に則したゲームだなという印象を受けました。

データが溜まってきたら参加者全員の標準偏差を取り、
次の参加者はそのデータも加味しながら投信の選択が出来たら面白いかもしれません。


とにかく参加して良かったな、と思わせてくれるゲームでした。
これなら楽しく積立投資を学べると思います。


一応気になった点。

・最初の説明時間が少なすぎる気がします。投資未経験者だと仕組み理解まで時間がかかるかも。
・購入口数と累積口数の記入欄がわかりずらいです。
・チャートシートの記入例を1枚添付するとある程度解決できるかと。
・リアルタイムで他の人のチャートと資産額の把握がしたい所です。チーム戦で戦略を立てたい場合は特に。
・商品シートの"マス"表記の用途が当初不明でした。
・考えてみたら、一括投資との差異を考えてませんでした。
・全商品のチャートが表記されてる最後の基準価額と資産額の推移グラフで、
 損益分岐の線が一本引いてあると良かったかも


私のレポートは以上です。

星野さん、PETさん、運営に関わったサポート役の方々、参加された皆様
お疲れさまでした^^


【参加者の感想リンク】

「「新春 つみたて投資ゲーム in 横浜」に札幌から参加」(PETさん)
URL:http://amayaho.blog66.fc2.com/blog-entry-481.html

「新春!つみたて投資ゲーム大会 in 横浜に参加しました」(m@(エムアット)さん)
URL:http://ch01173.kitaguni.tv/e1870812.html

「積立投資ゲームに参加したよメモ。」(矢向さん)
URL:http://indexinvest.blog32.fc2.com/blog-entry-1612.html

「つみたて投資ゲーム大会in横浜 に参加!」(セロンさん)
URL:http://blog.goo.ne.jp/salary2010/e/e4fe9773c78d749b1afdff6db3132d91

「チキチキ積立投資ゲーム 第2回大会」(まっきーさん)
URL:http://ameblo.jp/macky0108/entry-11137802526.html

「新春 つみたて投資ゲーム in 横浜(開催案内)」(星野泰平)
URL:http://yasuhoshi.info/archives/5565947.html
関連記事

【スポンサードリンク】

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

つみたて投資ゲーム大会in横浜 に参加!

15日(日曜日)に、つみたて投資ゲーム大会in横浜に参加しました。 このゲームは「給与の収入等から、毎月一定額を定期的に投資する「積立投資」の理解を深めるゲーム」ということで、 「一括で投資する場合との違い」や「投資に関する基本的な知識」を身につけること...

「新春 つみたて投資ゲーム in 横浜」に札幌から参加

昨日は、「新春 つみたて投資ゲーム in 横浜」が横浜で開催されました。 実はこのゲーム、去年の夏頃から半値になっても儲かる「つみたて投資」の著者、星野泰平さんと共同で開発してきました。去年末に...

積立投資ゲームに参加したよメモ。

積立投資ゲームに参加したよメモ。 とりあえずメインは、@rakuten_kagyouさんのブログを見ていただくとして 投資に関する基本的なことを学ぶことの無い日本では凄く珍しい ゲーム。 そういえば、ボ...

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました!

詳細なレポありがとうございます!

導入部分やルール・用語の説明はもう少し必要ですね。
その他、改善点やご意見等も頂きましたので、改良してブラッシュアップしていこうと思っています!

昨日はお疲れ様でした&ありがとうございました!

Re: ありがとうございました!

> 詳細なレポありがとうございます!
>
> 導入部分やルール・用語の説明はもう少し必要ですね。
> その他、改善点やご意見等も頂きましたので、改良してブラッシュアップしていこうと思っています!
>
> 昨日はお疲れ様でした&ありがとうございました!

お疲れ様でした^^

ゲームの説明書は読まない派の私(笑)ですが、
導入部分は改善の必要性アリですね。

それにしても予想以上の楽しさでした。
それと、20年というスパンは丁度良かったと思います。
終わった後結構疲れてました(笑)

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR