スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサードリンク】

会社更生法の適用を申請したら株価はどうなるの?(エルピーダの件について)

半導体市場において、世界第三位の生産量を誇る日本の製造業の中核を担っていた会社が
2012年2月28日に会社更生法の適用を申請しました。

上場廃止は3月28日を予定しており、
本日は売りが殺到、直前の300円台から急落して
4円から11円の間で取引される事態となりました。

ところで、会社更生法の適用を申請した場合、
その後の株価はどうなるのでしょうか?

ここでは理論的な面はさておき、
過去のデータからのみで検証してみましょう。


先日、以下のエントリーで東証の上場廃止銘柄に付いて解説しました。

→「過去10年間の東証上場企業における上場廃止理由内訳と廃止率

この時のデータを使って、過去10年間(2002年~2011年)のうち
東証の上場廃止銘柄の中で会社更生法の適用を申請した銘柄の
その後の動きを追いたいと思います。


対象銘柄は以下の18銘柄になります。


8765 大成火災海上保険
6011 新潟鐵工所
5562 日本重化学工業
1804 佐藤工業
1818 日産建設
1351 宝幸水産
3115 テザック
8352 あしぎんフィナンシャルグループ
3304 トスコ
1786 オリエンタル白石
8888 クリード
8878 日本綜合地所
1889 あおみ建設
8902 パシフィックホールディングス
8874 ジョイント・コーポレーション
8577 ロプロ
9205 日本航空
8564 武富士



まとめた表が以下の通りです。


【東証上場廃止銘柄(会社更生法適用申請)の株価推移】

東証上場廃止銘柄(会社更生法適用申請)の株価推移

クリード(8888)とパシフィックホールディングス(8902)は単元株制度非採用銘柄で、
1株単位での取引であり、それ以外は1000株単位での取引である事を考慮すれば、
実質的には1円以下の終値であったという事になります。

トスコを除き、ほぼ全て最終的に1円になりますから、
そのまま保有する意味が全くありません。

にもかかわらず今日のエルピーダのように
いわゆるマネーゲームが起きる現象が始まったのは何故でしょう?

これは上記表を見て頂くと分かる通り、あしぎんFG時に遡ります。


あしぎんFGが会社更生法の適用を申請したのは2003年末の話です。
日経平均が歴史的大底を打ち、公的資金注入を受けて大幅反転した銀行株を中心として
全体がかなりの上昇を見せている時代でした。

また、松井証券を筆頭とするネット証券の手数料合戦が開始され始め、
いわゆるデイトレーダーという存在が少しずつ表に出始めた事で、
売買高が跳ね上がった時でもあります。


1円が高値24円というのは正にドリームでした。
名古屋の鉄塔ドル紙幣ばらまき事件と言えば憶えのある方もいらっしゃるでしょう。

そんなドリームを夢見たとしても、会社更生法の適用銘柄に関しては
最終的に1円で終わっているのです。
(背景には100%減資され、株主の価値がゼロになる事が可能性として挙げられるからです)

まさに触らぬ神に祟り無しとはこの事だとお分かり頂けるかと思います。
関連記事

【スポンサードリンク】

コメントの投稿

非公開コメント

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。