スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサードリンク】

道具を持たない勇気

私は投資(主にトレード)を初めて来月で丸10年となります。

これまでに手を出した投資先は、

「株式」「投信」「債券」「FX」「CFD」「ワラント」「外貨」

と、多岐にわたります。


そんな私でも、先物とオプションだけは口座開設すらした事がありません。
理由は簡単です。自分の投資額以上の損失を負う可能性があるからです。

「いや、いや、先物はまだしもオプションは最もリスクコントロールがしやすい商品じゃないか。」

なんて言われてしまうかもしれませんが、
私はその"リスクコントロール"がしっかりと出来る自信が無いからです。


例えば私がやらかしてしまうパターンの時は、ほぼ必ず信用全力2階建てナンピン買いの時でした。
これは株式、FX、CFDで共通しています。

リーマンショックの時はFXでナンピンした大量のポジションがロスカットされ、口座の中身が飛びました。
(ポジションから発生した損失の半分に迫るロスカット手数料も追加されました)

また、商品CFDで建玉に対するリスクを把握せずに飛び込んだら、
数日で中身が飛んでしまった事もあります。

結局、リスクコントロールの前に、感情のコントロールが出来ない時があるわけです。
ハッキリ言ってトレーダー失格です。だから復活できなかったのでしょう。


このように、慣れている株式ならまだしもFXやCFDのリスクコントロールすら出来ない人間が、
先物やオプションでしっかりとしたルールの元、適切な投資行動が出来るとは思えません。
そのうちオプションの売りに手を出して、青天井の損失を抱え込むのが容易に想像できます

確かにオプションや先物は便利な道具ですが、自分の性格が分かっていると
その便利な道具を持たない勇気も必要なのでは?と考えてしまうわけです。


例えば銀行の窓口で外貨預金するよりも、FXでレバレッジ1倍の範囲で投資すれば
為替の交換手数料が大幅に削減できるかのに、銀行の窓口で外貨預金する人は金融リテラシーが無い、
という言われ方をする時もあります。

でも、FXの口座を開設してレバレッジ1倍で投資を継続できる人がこの世の中にどれほどいるでしょうか?
為替の値動きに興味を持って、少しずつ入金額を増やしたり、レバレッジを上げたりしないように
しっかりと自制できるのでしょうか?


始めてみなければわからない事があります。
上記もその内の一つです。

ですが、1,2円の為替交換手数料を削減する事を目的にしてFX口座を開設し、
そのままハマってしまって将来大きく損失を出してしまう様な結末を迎える可能性を考えると、
本当に本人の利得となる所なのか、本当に金融リテラシーが無いと言えるのか、
少し疑問に思う所があるわけです。
(もちろん、ネットバンクの外貨預金を利用する等、他の代替手段を考えることも大切です)


世の中、知らなければよかったと思う事なんて山ほどあります。
私がFXについては大幅にマイナスなので余計に思うのかもしれません。
人には得意、不得意と言う物があるのです。

道具という物は使い方が分かって、なおかつ適切な管理をしてこそ価値が出てくる物です。
リスクを恐れすぎるのも問題ですが、自分の性格に合わない事をやっても
十分な成果を上げるのは難しいのではないかな、と思う今日この頃です。



関連記事

【スポンサードリンク】

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

僕にはレバレッジを効かせた取引なんてできません!怖いんですもの!!自分に合った手段を選ぶのってすごく大事ですよね。僕にはトレードは向いていないようでした・・・。

No title

コメントありがとうございます。

レバレッジを利かせるのは、慣れてしまうとあまり考えずにポジションを取ってしまう事もあるので
もろ刃の剣なんですよね。

自分の性格に合った手法を選ぶのが一番だと本当に思います。
記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。