スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサードリンク】

ミサワ(unico)株主総会参加報告

今日は昨年12月に新規上場した企業の株主総会に出席してきました。



【新丸ビル・案内ボード】


【総会モニター】



新規上場とは言え、上記の通り既に第53回の定時株主総会となります。

ただし、元は精密機械メーカーだった会社が現代表取締役社長(以下代表)就任後、
それまで一部門として取り扱っていた輸入家具・雑貨販売を中心として、
代官山の第一号店を皮切りに大きく業態を変更している所が珍しい点です。

店舗の名前は「unico(ウニコ)」と言う名前で、若い女性をコアターゲット層として
大きな商業施設から路面店まで全21店舗を幅広い地域で出店しています。



さて、会場は新丸ビルと言う上場後の初開催としてはかなり好立地の場所です。

株主数は内部者や機関投資家を含めて880名の中、参加者は40名ほどと
小規模の総会としては比較的参加率は高かったのではと思います。

総会参加者の中心世代は30代から50代の男性が殆どを占め、
コアターゲット層と言われる女性参加者については
お一人だけ参加されていました。


【総会の株主番号カードとお土産(ハンカチと3,000円優待券)】




総会の進行は議長である代表のご挨拶から始まり、
執行役員や監査役の紹介、そして事業報告と一連の流れが約20分ほどで終わります。

取締役は代表含め4名で内2名が女性であり、業態らしさを感じました。
各人、流石に上場後初の株主総会と言う事もあってか緊張の色が見えたものの、
概ねつつがなく議事進行が執り行われました。


議案決議の前に行われた株主からの質問について掲載しておきます。


※質問と回答は簡略化されています。
 また、若干回答内容が異なる可能性もありますのでその点はご了承ください。



■1番目の質問者

Q.1 株主優待について

  最終的に東証一部を目指すのであれば優待によって株主数を増やすのも有効な施策。
  また、企業価値の向上にもつながる為、今後の展開を知りたい。

A.1 出来るだけ早く対応させて頂きたい


Q.2 出店計画について

  3年後までに40店舗(現在21店舗)を目指し、
  1店舗あたり2億円の売り上げにする目標に変更は無いか。

A.2 出店・売上目標に変更なし。


■2番目の質問者

Q.1 定款の変更について

  ユーズド商品の取り扱いとあるが、例えば販売した家具の下取り等、
  今後のビジネス展開についてお聞きしたい。

A.1 中古品は仕入れを中心に行うが、今後様々な角度からビジネス展開を考えていきたい。


Q.2 今期(2013年1月期)の業績について

  家具販売の繁忙期(新生活で引っ越し時期に当たる為)である2,3月が過ぎ、
  第一四半期の経過状況について感触はどうか。

A.2 順調に推移していると感じている。




質問および回答は以上の通りとなります。



閉会までおおよそ40分程度と、総会としては比較的短い時間でした。


退出後は同ビル内に出店している「unico丸の内」店に寄り、
上記3,000円優待券を利用してデジカメケースを購入しました。


【ハンドメイドのデジカメケース】



家具だけでなく食器やインテリア雑貨に加え、
小物や身の回りの雑貨も取り扱っておりますので、
店舗を除くだけでも楽しめるお店づくりとなっています。

ご興味があれば是非(笑)
関連記事

【スポンサードリンク】

コメントの投稿

非公開コメント

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。