【閑話休題】情報伝達速度の進化とその効用

本日の早朝にツイッター経由で数回やり取りをした時のお話です。

その方は今カナダにお出かけ中なのですが、
なんのタイムラグも無しにベッドにもぐりこみながら
スマホ片手にカナダにいる人と話を出来ると言うのも
なんだか不思議な話だなと、感じておりました。

そして、先程滋賀県で行われているびわ湖毎日マラソンを見ていて、
今の男子の平均走破タイムが2時間ちょっとという数字を思い出し、
これなら東海道五十三次(約500km)を走破するには
マラソンランナー12人を42km毎に配置し、飛脚のように
順番に引き継ぎすれば丸一日掛ければ便りが届けられるなと、
ふと思ったわけです。


情報の即時伝達手段としては他に狼煙やモールス信号なども挙げられますが、
文章や複雑な表現と言う点では手紙や電子的な伝達手段(メールやツイッターなど)
にはかなわないでしょう。

しかし、コミュニケーション目的ではなくあくまでも情報の即時性と
確実な伝達と言う意味では、単純化されたモールス信号や海上保安庁等が利用している
手旗信号、交通事故時の発煙筒などの方が適正が高いと言えるでしょう。


情報の伝達速度の進化はめまぐるしく、人間が走るのなら1日掛かる所、
我々が普段利用しているインターネットであればほぼリアルタイムになっています。

また、距離的な制限はありますが、東証がアルゴリズムトレード(プログラム売買)に
提供している専用回線のコロケーションサービス等であれば、
通常の取引参加者の100倍の応答速度である32μsec(2011年時点)という
人間の感覚では捉えきれない超高速度の情報伝達が出来る等、
もはや人間の認知外のスピードに達しています。


今までは情報の発信スピードが競争対象だったのが、
それを理解し、次の行動に移す時間もプログラムによって決定されるなど、
人間が行う反射のような世界に突入しています。

自動車の衝突被害軽減ブレーキなども、人間の感知外の状況から補助的にリスクを
低減する為に利用されている等、実際に危険から身を守る為に応用されており、
情報とその伝達手段、そしてそこから生まれる判断結果の効用(効果)まで含め、
情報化社会の進化と成熟化は目覚ましい物があります。


ただし、情報はPCやネットの中にのみ生まれるわけではなく、
その多くは自分の外で得た経験や知識が元となっている点は
忘れないでおきたいところです。


それでは少し出掛けてきます(笑)
関連記事

【スポンサードリンク】

コメントの投稿

非公開コメント

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR