スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサードリンク】

過去20年間で5番目の下落率だった? -日経平均急落2日間-

前回はマザーズ市場がライブドアショック並みの下落率だった、
(参照:ライブドアショック並みだった-マザーズ指数の暴落2日間-
というお話をしましたが、

今回は日経平均の急落についてのお話です。


相場格言として、「上げ100日、下げ3日」と言われるように、
高値の調整局面では2、3日の急激な下落が伴う事がよくあります。

そこで、5月23日の高値(15,942.6)と24日安値(13,981.52)の下落率(-12.3%)に対して、
過去20年間の日経平均時系列データ(SBI証券のH・SBI取引ツールからCSVで作成)から、
同様の方法で算出した場合の下落率をまとめ、ランキングしたのが以下のデータです。



なんと、下落率だけで見れば過去20年間で5番目に急落した2日間だったようです。
終値だけで見れば1143円の下落と128円の上昇で差引1,015円、
高値から見れば-8.3%、22日終値比で見れば-6.5%程度の出来事ですが、
ザラ場(取引時間帯)を全て見ていた人にとっては、見ていなかった人と比べて
その2倍の恐怖を味わった感覚ではないでしょうか。


さて、ついでなので他の下落率についても触れましょう。

震災時の-18.1%というのも思い出すだけで鳥肌が立つ数字ですが、
何よりも凄いのはトップ10のうち、8つがリーマンショック時のものと言う事です。

特に10月23日から28日は土日を挟んで連続して発生しており、
あの時、どれだけ逃げ場がなかったかが良く分かるかと思います。

(私の場合、口座外に退避していた自己資金を投入しても更に追証が発生したため、
強制決済前に全ポジションを反対売買、生活防衛資金として普通預金口座に留保していた
最後の資金を投入してなんとか追証だけは解消しました)


今回は昨年の党首討論時の解散宣言(※)安値から既に、
日経平均は83%も上昇してからの急落ですから、
ほんの"調整局面"と感じる人は多いかもしれませんが、
上記のような事実は事実としてしっかりと受け止め、
悲観も楽観もすることなく淡々と相場に向かいましょう。


※【参考】衆議院解散総選挙と日経平均株価の関係

関連記事

【スポンサードリンク】

コメントの投稿

非公開コメント

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。