東証新規導入システム「arrowhead(アローヘッド)」稼働開始後の体感と今後の対策

東証の値幅制限に関する記事はこちら

本日2010年1月4日(月)から東京証券取引所の新システム、
「arrowhead(アローヘッド)」の稼働開始されました。


ジェイコム事件・ライブドア事件を機に、東京証券取引所は公正かつ円滑な取引所運営を行うため、
導入開発費に300億円をかけて新システムを制作していました。


事前の話では、いままで1約定の処理に3秒の時間がかかっていたものが、
5ミリ秒(1000分の5秒)という瞬きよりも早い瞬間約定を可能に出来たということでした。


実際どの程度のスピードで約定されるのか、年明け最大の売買が予想されていたJAL株で
体感してみましたが、大阪証券取引所の取引スピードに慣れているせいか、
そこまで違いを感じることはありませんでした。
任天堂等の大証上場銘柄や、ヘラクレス株式を中心に売買されたことのある方なら、
あまり違和感はないかもしれません。むしろ若干大証より約定が遅いかな?と思う処もあります。
(調べてみると、大証の約定スピードは最速で1ミリ秒だそうです。
大証の方が速く感じるのは当然のようです。)



しかし、大証とは違い東証は1日に商いされている売買代金も異なれば、
上場している株式数も圧倒的に異なります。
今後どのような影響が出るのか、現時点では判断できない状況です。


東証側の問題だけではなく、利用者側のソフトウェアに問題が発生する可能性もありえます。
今日はSBIトレードの「HYPER SBI」で板情報を見てみましたが、
JAL株に関しては若干の処理落ちが発生する瞬間もありました。
パソコンのスペックにもよりますが、(こちらはメモリ3GBのCPU2.7という所です)
瞬間的なスキャルピングを主体とするデイトレーダーの場合は、
致命的な遅れが生じる可能性もあります。


今後、このスピードを生かしたシステムトレード開発が進み、
ますます約定と取り消し、訂正注文による頻繁な板情報の変動が発生する可能性もあり、
取引方法が激変する可能性を秘めています。

また、ディーラー側も、今までは個人投資家が利用していた板情報配信システムよりも
速いスピードで得ていた板情報のアドバンテージが無くなり、
今後は手入力による取引が減少し、完全にシステムトレードへの移行を開始する可能性があります。

今後はどれだけ市場の特性に適したアルゴリズムを開発し、
それを搭載したプログラムを作り上げるかがカギとなりそうです。


もしプログラム開発に自信がある人は、参入のチャンスかもしれませんよ(^^

関連記事

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

【スポンサードリンク】

コメントの投稿

非公開コメント

記事内検索フォーム
プロフィール

楽天家業

Author:楽天家業

 大学在学中から事業でお金を貯め、それを元手に卒業後は個人トレーダーとして生計を立てていました。(現在はトレード業務一部復活)

 2008年のリーマンショック時に信用取引による過剰リスク状態で惨敗。そんな手痛い経験もあり、このままの人生で良いのかと自分を見つめ直し、同年からウェブサイトの作成業務、2009年からは独立系FPとして相談業務を行うため、自分の経験を活かして日夜、ファイナンシャルプランナーの分野で活動を行っています。

<略年表>
2009年9月AFP登録
2011年7月CFP登録

 現在、主にFP法人様や執筆関連でお仕事承っております。

最新記事
月別アーカイブ
最近読んだお勧め本

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。(出雲 充)

【書籍の解説】不可能と言われていたミドリムシの大量培養に成功し、食糧問題からエネルギー問題まで解決の糸口に繋がる手法を模索する社長さんが書かれた本です。
 事業自体はミドリムシ入りのクッキーが世の中で話題になった頃合いに知ってはいましたが、元を辿れば旧ライブドアに直接出資して貰っていた経歴がある等、紆余曲折あって様々な艱難辛苦を乗り越え、少なからず各専門分野の人達に共感を得て徐々に資本関係を構築し、様々なサポートがあって倒産危機を乗り越えながら泥臭く経営してきたという想像だにしない様々なエピソードを持っている事をこの本で知りました。
 上場と言う華々しさに至るまでの苦難の道のりを是非ご覧いただきたいと思います。

アクセスカウンター
09/2/11~
twitter
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク随時募集中!
カテゴリ
QRコード
QR